ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見守り付きの高齢者住宅 急増

 昨年秋に登場したサービス付き高齢者向け住宅が急増している。安否確認や生活相談に乗ってくれる職員が常駐し、独居高齢者が安心して暮らせるように配慮した賃貸の集合住宅だ。「ご近所同士」の付き合いを促す工夫など特色ある取り組みも広がっている。


 「プライバシーが保たれ、なおかつ職員が気に掛けてくれる。安心して生活できます」。東京都品川区の「区立大井林町高齢者住宅」の樺澤信子さん(68)はそう話す。


 5階建ての住宅には95人が入居。平均年齢75歳。室内は段差をなくしたバリアフリー構造だが、一見1Kのマンションと変わらない。樺澤さんは一人暮らし。毎日のようにフラダンスなどの習い事に出かけている。当然、自炊するのも外食するのも自由だ。


 一般のマンションと大きく異なるのは、国の基準で安否確認と生活相談をする職員の配置が必須条件として定められていること。大井林町高齢者住宅では、管理を担当する社会福祉法人さくら会の職員が24時間体制で常駐。各戸の浴室や居間などには緊急通報用ボタンが設置されている。


 単身の場合、家賃は月額7万5000円、他に安否確認などの生活支援サービス費等で2万円。収入に応じて区から家賃助成がある。


 高齢者住宅研究所(大阪市)の調査では、今年9月時点の戸数は全国で7万1451戸(2256棟)。1月の8455戸(250棟)から大きく増えた。家賃には幅があり、半数近くを占める18平方メートル以上20平方メートル未満の家賃は5000円~17万5000円。


 安心のためのサービスは様々。デイサービスセンターや訪問看護ステーション、グループホームなどの事業所を同じ建物内に併設しているケースも多い。近隣の病院との連携を強調している住宅も。


生きがい、楽しみも提供


「アイビスコート」の外観。一般のマンションと見分けがつかない 介護や医療面の安心だけでなく「生きがい」「楽しさ」を打ち出しているケースも。大阪市西成区の「アイビスコート」は、屋上に菜園があり入居者が手入れをする。11月上旬に訪れると、サツマイモなどを収穫しながら会話を楽しんでいた。玄関の清掃を日課にしている人もいる。


 同住宅を運営する社会福祉法人「ヒューマンライツ福祉協会」の遠藤忍さんは「生きがいや楽しさも提供することは心身の健康につながる」と話す。


 神奈川県大和市の「シャロームつきみ野」では月1回、入居者と職員が参加するミーティングを開く。提供される食事について要望を聞いたり、花見などのイベントを企画したりする。運営するNPO法人「シニアネットワークさがみ」理事長の古居みつ子さんは「せっかく集合住宅に住んでいるのだから一つのコミュニティーとして支え合っていくことが大事だ」と話す。


 福祉政策に詳しい三菱総合研究所主任研究員の福田健さんは、「自分らしい生活を求める団塊世代が高齢期を迎えており、『楽しさ』を打ち出す高齢者住宅は今後増えていくのでは」と予測する。


介護対応 今後の課題


1Kのサービス付き高齢者向け住宅の室内。バリアフリー構造だが、入居者の今後の状況によっては、「見守り」にとどまらないサービスが求められる可能性も(東京都内で) サービス付き高齢者向け住宅では、見守りサービスなどを行う職員を配置することが義務付けられているが、その人数についての規定はない。このため、介護を必要とする人が増えていった時、十分な対応ができるのか懸念する声がある。急増する同住宅の質を、どのように保っていくのかも今後の課題になりそうだ。


 東京都社会福祉協議会が今年8~9月に37か所のサービス付き高齢者向け住宅から回答を得たアンケートによると、入居者像として要介護4、5など、介護の必要性が高い人を想定しているのは11%にとどまった。だが今後、入居者が年齢を重ねていくにつれ、本格的な介護が必要になる状況も想定される。


 こうした住宅で介護保険サービスを受けたい場合は、入居者が外部の事業所に個別に申し込むことになる。しかし、夜間などに迅速さが求められる排せつ介助や、認知症の徘徊(はいかい)行動などに対応できるのかという課題は残る。


 高齢者住宅経営コンサルタントの濱田孝一さんは「介護の必要性が増した時に、どんなケア体制を組むのかが後回しになっていないか。見通しが甘いまま建設ありきで進んでいくと、結局は入居者にしわ寄せがきてしまう」と話す。


業者の質 見極めも必要


 参入事業者の質を心配する声もある。


 茨城県つくば市は、市内にサービス付き高齢者向け住宅を建設させない方針を宣言している。同市高齢福祉課によると、2010年に行った市民対象の意識調査で持ち家率が高く、在宅での介護を希望する人が9割だったことに加え、悪質な業者の参入を警戒しているためだ。過去に市内に建った高齢者住宅で、事業者が入居者の生活保護費を召し上げているといった情報が寄せられたこともあったという。


 しかし、サービス付き高齢者向け住宅の建設について審査をし、登録を行うのは都道府県、政令市、中核市。それ以外の自治体に建設の可否を決める権限はない。「地元に高齢者住宅のニーズはないのに、問題だけ持ち込まれはしないか」(同課)と心配する。


 サービス付き高齢者向け住宅は高額な入居一時金が必要ないので、利用者は引っ越しに近い感覚で自由に選べる。「人気のない住宅には人が集まらない。そのうちに淘汰(とうた)の時代が来るのでは」。サービス付き高齢者向け住宅協会事務局長の奥村孝行さんはそう話し、「サービスや運営の適正さをランク付けするなど評価の仕組みを検討していきたい」と説明している。


サービス付き高齢者向け住宅


 原則的に部屋の広さは25平方メートル(十分な広さの共用の居間や食堂などがあれば18平方メートル)以上。事業者は少なくとも安否確認と生活相談サービスを入居者に提供する義務がある。介護サービスが必要な入居者は外部の介護事業所と契約する。国は、建設を促進するため、事業者に対し建築費の一部を補助している。


〔2012年11月20日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/10/31 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

孤立、ストレス 「介護うつ」注意

抱え込まず、自分の時間作る


 親や配偶者など高齢の家族を介護するストレスから、うつ状態になる人が少なくない。「介護うつ」と呼ばれ、一人で介護を抱え込んで疲れ、精神的に孤立した時に陥りやすいという。「まずは介護する自分自身の心の健康に気をつけてほしい」と専門家はアドバイスしている。


 NPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」が開設する電話相談には、様々な介護の悩みが寄せられるが、「『眠れない』『意欲がわかない』『つらい』といった心の不調を訴える人がほとんど」と事務局長の中島由利子さんは話す。


 80代認知症の母を介護する50代女性は、「亡くなった父の時は十分な介護ができず悔いが残った。母は何としても自分が介護する」と覚悟を決めて仕事を辞めたという。ところが思うようにいかず「眠れず、やる気も起きない。うつ気味で精神科に通院している」と電話してきた。中島さんは、一人で抱え込まず、デイサービスなど介護サービスを活用するようにと、時間をかけてアドバイスした。


 アラジンと市民団体「ケアラー(家族など無償の介護者)連盟」が協力し、昨夏、東京や京都などで介護者の実態調査をした。認知症の家族を介護する人の3割が「心の不調を感じている」と回答した。


 「心の不調」といっても程度は様々だが、高崎健康福祉大教授で精神科医の渡辺俊之さんは「介護者の4人に1人がうつ状態という厚生労働省研究班の調査報告もある。軽く考えてはいけない」と指摘する。


 うつには兆候がある。
〈1〉喜びの感情がわかない
〈2〉むなしく悲しい
〈3〉やる気が起きない
――などだ。「こうした状態が1週間以上続いたらメンタルクリニックなどへの早めの受診を考えてほしい。ケアマネジャーや訪問看護師にもSOSを伝えて」と渡辺さん。


 また、周囲の人も介護者の様子の変化に気をつけたい。口数が減って涙ぐむことが多くなり、「ダメだ」「死にたい」など悲観的なことばかり口にするようになったら要注意だ。ぼうっとすることが増えて、うっかりミスが続くのも、うつのサインといえる。


 介護うつは、「元気な親にはもう戻らない」という喪失感や、「介護のために自分の時間がない」「外出できない」という拘束感などがきっかけになりやすい。特に、家族との絆が強い人や、まじめで抱え込んでしまう性格の人が陥りやすいという。


 予防するためには、「介護を一人で抱え込まないこと」と渡辺さんは強調する。そして、無理をしてでも「自分の時間」を作っておくことだ。「映画を定期的に見る」「毎日1時間散歩する」といった工夫で気分転換ができる。睡眠時間も十分に確保し、疲れを残さないようにする。


 アラジンの中島さんは介護者の会を利用することを勧める。同じ境遇の人の話を聞き、自分の悩みを聞いてもらうだけで気持ちは随分楽になる。「介護者が健康であることが、いいケアにつながることを忘れないで」と話している。


〔2011年6月3日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/30 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

[読み得 医療&介護]自宅で入浴 諦めない

手すりや床材改修 介護保険適用


 温かい風呂が恋しくなる季節。介護が必要な高齢者の中には、自宅での入浴を諦めてしまっている人もいる。だが、福祉用具を使ったり、介助の仕方を工夫したりすれば、自宅で風呂に入れる人は多い。


福祉用具を使って


 東京都内で息子と2人で暮らすA子さん(72)は、今年の夏から再び、自宅の風呂に入り始めた。


 20年前の脳梗塞で右足にまひが残り、失語症にもなった。浴槽をまたぐのが不安で、ずっとシャワーで済ませてきた。今春、腰の骨を折ってからは、デイサービスで車いすのまま入浴していた。自宅で風呂に入りたかったが、どうすればいいか分からなかったという。


 A子さんの願いをかなえたのは、リハビリで訪問した「成城リハビリテーションクリニック」(東京都世田谷区)の作業療法士、山本英里子さんたちだった。


 一般的に、風呂に入る時は立って浴槽をまたぐ。体が不自由になるとこの動作が怖くなり、入浴を諦める人が多い。だが、山本さんたちは、A子さんはツエがあれば歩けるため、自宅の風呂に入れると判断した。


 福祉用具の「バスボード」を使い、座った姿勢で入ることを勧めた。バスボードは浴槽のふたのような長方形の板で、浴槽の縁にかけて使う。ここに腰掛けてから体を浴槽に向け、足を湯に入れる。浴槽内には「浴槽内いす」も用意し、ここに座るようにした。


 さらに、浴槽に滑り止めのマットを敷き、本人の動きに合わせた手すりも追加。ヘルパーと一緒に練習をした結果、介助を受けて入浴できるようになった。山本さんは「本人の意欲に加え、浴室の構造や福祉用具などの条件が整えば、自宅で入浴できる人は多い」と言う。


 介護保険では、こうした支援は主に訪問リハビリや訪問看護の事業所が担当する。福祉用具の相談は、福祉用具ショップの専門相談員が受け付ける。まずは、担当のケアマネジャーに相談することが大切だ。


入り方の工夫で


 浴槽に入る動作を楽にする方法として、デイサービスなどを行う「在宅サポートセンター生田」(川崎市)の金田由美子センター長は、浴槽の脇にいすを置き、座りながら入る方法を勧める。


 いすに座るとお尻に体重がかかり、足が動かしやすくなる。この姿勢で片足ずつ湯に入れていく。介助が必要な人の場合、後ろに倒れないように介助者が背中を支えるのがポイントだ。


 いすと浴槽は同じ高さにそろえ、床からの高さは40センチが理想。高過ぎる場合、すのこで調整する。金田センター長は「入浴に不安を感じた段階で、この方法に慣れておけば、安心して入浴が続けられる」と話す。


 浴槽から出る時は、片方の手をできるだけ伸ばして浴槽の縁をつかみ、つかんだ手と同じ側の足を体の方に引いて頭を前に出すと、浮力でお尻が浮く。この時、必要であれば介助を受けて浴槽の脇のいすに座り、片方ずつ足を出していく。


血圧の変化に注意


 高齢者は、健康面での注意も必要になる。


 寒い脱衣所で服を脱ぐと血圧は上昇し、浴槽で温まったりすると血圧は下がる。寒い脱衣所に戻ると血圧は再び上がる。「北千住訪問看護ステーション」(東京都足立区)の伊藤智恵子副所長は「高血圧や心臓疾患がある人は要注意。温度差をなくすことが重要です」と指摘する。


 対策としては、脱衣所を暖め、浴室はシャワーのお湯をしばらく出して湯気で暖めるのが有効。同ステーションでは、冬場の湯の温度は40度、室温は25度を目安にしている。


 心臓に病気がある人は、おなかのあたりまで湯につかる半身浴もお勧め。伊藤副所長は「脱水症状を防ぐため、入浴前後の水分補給を忘れないで」とアドバイスする。



介護保険が使える浴室の住宅改修の例
・手すりの取り付け
・床のかさ上げ
・滑りにくい床材への変更
・引き戸、折り戸への変更
◎要支援以上なら20万円(自己負担1割)まで利用できる。


〔2012年12月3日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/29 】 ケアーズの特徴 | TB(0) | CM(0)

訪問看護、土日利用や24時間連絡体制を



 東京都福祉保健局が実施した訪問看護に関するインターネット調査で、自身や家族が利用した経験を持つ人の過半数が、土日に利用できることや、24時間つながる連絡体制を求めていることが分かった。


 同局は9月に調査し、都内に在住もしくは在勤の18歳以上の205人から有効回答を得た。それによると、自身や家族、友人などが訪問看護を利用した経験がないと答えたのは65.4%。9.8%が利用中、24.9%が利用したことがあると答えた。


 利用経験のない人を除いた71人に、実際に受けたサービス(主なもの3つまで)を聞くと、「血圧測定などの健康状態の観察と助言」(70.4%)が圧倒的に多く、以下は「服薬の指導・管理」(39.4%)、「食生活や排泄などの日常生活の看護」(28.2%)、「床ずれ・けがの処置」(22.5%)などと続いた。


 利用して満足した点(3つまで)を尋ねると、「病人の状況が変化したときに医師に話をつないでくれた」が47.9%で最も多く、以下は「病気や薬のことなど、医療的な説明をしてくれた」(45.1%)、「注射や浣腸など医療的な処置をしてくれた」(33.8%)、「ケアマネジャーや訪問介護など、他の福祉サービスに連絡をとってくれた」(31.0%)などの順だった。


 一方、訪問看護に今後望むこと(3つまで)を聞くと、「土曜日、日曜日も訪問してほしい」(57.7%)と「24時間の連絡体制をとってほしい」(52.1%)が半数を超えた。以下は、「訪問する回数を増やしてほしい」(45.1%)、「夜間帯も訪問してほしい」(29.6%)、「1回の訪問で滞在する時間を長くしてほしい」「訪問看護の援助技術の質を上げてほしい」(共に25.4%)などの順だった。


 利用した経験のない人も含め、訪問看護の利用を考えたときに必要な情報を複数回答で尋ねると、過半数が「身近な訪問看護サービス事業所の情報」(62.9%)、「サービスの利用方法」(60.0%)、「どの事業所を選んだらよいか分からなかったときの相談機関」(51.7%)と答えた。


〔医療介護CBニュース 10月18日〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/28 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

<難病>自己負担「2割に」 助成、厚労省が引き下げ案



 難病対策の見直しと新法制定を目指す厚生労働省は18日、新制度で医療費助成の対象となる難病患者が自己負担する額について、同省の難病対策委員会(金沢一郎委員長)に議論のたたき台となる案を示した。自己負担割合を現行の3割から2割に引き下げる一方、対象者を重症者らに限定するなど患者への新たな負担を求める内容。同省は同委員会や患者団体から意見を聞いた上で改めて負担額を試算し、次回の委員会で修正案を示す。


 今回の案は、医療にかかる頻度の高い70歳以上を対象にした高額療養費制度を参考にした。患者の月額の負担上限額は夫婦2人世帯で▽生活保護は0円▽市町村民税非課税の低所得者8000円▽年収約370万円までは1万2000円▽約370万円以上は4万4400円。現行制度で助成を受けている患者については、おおむね3年の経過措置を設ける。


 新制度では、医療費助成の対象を現行の56疾患から300疾患に拡大する一方、重症者らに限定する方針。今回の案は社会生活に支障がある人に加え、高額な医療を受けることで軽症の状態を維持できている患者も医療費助成の対象とした。


 また、現行では訪問看護を全額無料にするなど優遇措置がある介護保険に関しても、負担を求めるかなどを検討する。


〔毎日新聞 10月18日〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/25 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

UR、医療・介護施設整備…大都市圏100団地に

20年度までに


 独立行政法人・都市再生機構(UR)は訪問介護事業所やデイサービス施設(通所介護施設)など医療・介護施設の整備に乗り出す。


 大都市圏の急速な高齢化を踏まえたもので、URが運営する100団地程度を重点団地として選定、2020年度までに高齢入居者が住み続けられる環境を整える。


 URは全国に約1700団地、75万戸の賃貸住宅を保有。入居者の高齢化は進み、世帯主の平均年齢は10年で56・8歳と、全世帯平均を上回った。


 中でも大都市圏の高齢化が著しく、60歳以上が入居者の半数を超える団地もある。


 14年度は首都圏などの5~6団地で住居棟を一部取り壊して空き地を確保、そのうえで介護事業者などに貸し出す。関連経費として来年度予算案の概算要求で国に30億円の出資を求めた。


 URは介護・医療整備を進める部署を設置して、高齢者対策を進めており、千葉県柏市の豊四季台(とよしきだい)団地では、訪問診療所、訪問看護ステーションなどが入った医療・介護拠点施設の整備を行っている。こうした取り組みを大都市圏の大規模団地に広げる。


 高齢化対策の重点団地として指定する約100団地では、周辺の在宅医療・介護施設を調べ、不足しているサービスの提供などを定めた「安心居住アクションプラン」を策定する。


〔2013年9月2日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/24 】 ケアーズの特徴 | TB(0) | CM(0)

診断から在宅療養まで 国立がん研究センター東

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、診断から在宅療養まで一貫して患者を支援する「サポーティブケアセンター」を設け、運営を始めた。


 入院期間が短くなり、化学療法や放射線療法などを外来で行うケースが増え、患者が医師や看護師と関わる機会が少なくなっていることに対応した。


 告知や治療法の選択などの際、患者や家族の相談に看護師が応じ、独居などで在宅療養が難しい患者の場合は地域の訪問看護師らに情報提供する。体の痛みは緩和ケアチーム、治療費の支払いは医療ソーシャルワーカーなど、専門的な窓口につなぐ役割も担う。


 センターには4人の看護師が所属。6月から呼吸器内科の新規外来患者全員から話を聞くなどの活動を行っている。緩和医療科長の木下寛也さんは「病状の先を見据えた、総合的で一貫した支援を提供したい」と話している。


〔2013年7月18日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/23 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

<消費税>待機児童対策3000億、医療介護に2000億円

 来年4月から消費税率が8%に引き上げられるのに伴い、政府は来年度の社会保障の「充実」に使う5000億円の内訳を固めた。3000億円程度を待機児童対策に充て、2000億円程度を医療と介護の分野に充てる方針だ。


 消費増税による増収分はすべて社会保障の充実・安定化の財源となる。政府の試算によると、消費増税の来年度の増収分は5.1兆円となる見通し。このうち、4.6兆円を今の制度を守る社会保障の「安定化」、残り5000億円を子ども・子育て支援をはじめとする社会保障の「充実」の財源にするとしている。


 3000億円程度のお金は、認定こども園や小規模保育など保育の充実に使う方針。安倍晋三政権は2014年度までの2年間で約20万人分の保育の受け皿を確保し、17年度までの待機児童解消を目指している。


 医療と介護の分野に充てる2000億円程度の内訳は▽病状に応じた病院間の役割分担といった医療提供体制の改革などに1000億円▽国民健康保険料軽減策などの拡充620億円▽難病患者への医療費助成300億円▽遺族年金の父子家庭への拡大10億円--などとする方針だ。


 また、政府は15年10月に消費税を10%に上げた場合、17年度の増収分は14兆円になると試算。5%幅上げたうちの4%程度分にあたる11.3兆円は社会保障の安定化に使う方針。内訳は▽社会保障による財政赤字を減らす分7.3兆円▽基礎年金の財源不足分3・2兆円▽物価上昇への対応0.8兆円。


 社会保障の充実には1%分の2.8兆円が充てられる見通し。内訳は▽子育て支援7000億円▽医療と介護1.5兆円▽年金6000億円。


〔毎日新聞 10月4日〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/21 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

母らしい最期を見守り

 「枯れるように死にたい」という言葉を聞くことがあります。そう話していた90歳の女性は、自宅で家族に見守られて、静かに亡くなりました。


 「食事が取れなくなってきてトイレに行くのも大変になったので、訪問看護師にみてほしい」との依頼で女性の自宅を訪れました。3か月前にも同様の状態になり、その時は点滴で良くなったそうです。再度点滴をした方が良いのかと娘さんから相談があり、かかりつけの医師に状態を伝えると、「点滴をしても、その後はまた同じようになると思う」との見通しでした。


 娘さんは「点滴でいったんは元気になるのでは」との期待を持っていました。一方で、「点滴が入りにくくて、いつも何度か刺すので本人は嫌がっていた」とも話しました。その時点では、起きているタイミングをみて、水分や食事の摂取を促すことにしました。


 その後も少しずつ起きている時間が減り、一度に食べたり飲んだりする量も少なくなりました。丸一日、何も口にしなかった日の翌日、「母はチャキチャキしていて働きものだった。十分生きてきたから、嫌がっていた点滴をして、命を少し延ばすということはせず、このまま家でみとります」と娘さんからお話がありました。その後も、ときどき目を覚まし、お茶を飲んだり、あんパンのあんこを食べたり……。そして、息を引き取りました。「今朝、私の手を握りうなずいていたんですよ。母らしい最期だと思います」


 老衰や病気の進行で飲食できなくなったときに、どうしたらいいのか。正解はありませんが、本人だったらどう考えるか、何を望むかという視点で考えることが大切だと思います。


〔2013年3月12日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/18 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

姿勢を変えて床ずれ予防

 以前、訪問看護をしていたお宅で、床ずれを靴ずれと勘違いしていた方がいました。今日は、床ずれの原因と対策を考えてみます。


 体重圧迫などで起きる床ずれは、最初は赤くなったり薄く皮がむけたりすることが多いと思います。水ぶくれや暗赤色になった状態で介護者が発見することもあります。重度になると、深い潰瘍になります。黒いかさぶたのようにみえることもあります。自分であまり動くことができないと、特にできやすくなります。


 床ずれができやすいのは圧迫される力が働く部位です。おしりや腰の骨が出ている部位、肩やくるぶし、かかと、耳や頭にもできることがあります。もうひとつは、ずれる力によるものです。姿勢が傾くと、骨と床面の間の皮膚や筋肉がずれて力がかかります。いずれも長時間続くと、組織に十分な血流が行かなくなり、壊死(えし)してしまいます。


 予防には、長時間同じ部位が圧迫されたり、くずれた姿勢のままになったりしないようにします。身体の向きを変える、座り直しさせるなどして姿勢を整え、血流が改善されるようにします。広い部分で体重を支えられるような姿勢にすると、圧迫の力を弱めることができます。例えば横向きで寝るとき。腰骨がマットレスに当たっていたら、背中や大腿(だいたい)部にクッションや枕を入れることで、背中から足までの広い範囲で体重を支えることができます。


 床ずれができたら、塗り薬や貼り薬などで治療します。身体の向きを変えたり、清潔にすることも必要です。また、脱水になっていないか、栄養が十分取れているかにも気を付けましょう。床ずれは予防も治療も全身のケアが大切です。発見したら、すぐに医師や看護師に相談してください。


〔2012年12月11日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/17 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

薬の飲み方 主治医に相談

 体調が悪いときや持病がある場合、薬を飲むことで体調を改善したり維持したりできるということは、多くの方が理解されていることだと思います。でも、実際に、忘れずに飲むのは結構大変なことではないでしょうか。薬の袋を見ながら「これは朝2錠」「これは朝1錠、夜1錠」など確認しながら準備するのも、なかなか手間がかかります。


 日々の服用を簡単にする方法として、1週間分の薬を入れることができる「薬カレンダー」や「薬箱」があります。月曜日から日曜日まで分かれていたり、朝、昼、夜、寝る前に分けて入れたりするものもあります。また、主治医や薬局に相談すると、朝の分、夜の分を一つの袋にまとめて入れてくれます。ただし、体調によって量を調整する薬には、袋に入れられないものもあります。


 高齢の方で、どうしても飲むのを忘れてしまう場合は、訪問看護師が1週間分をセットして、次の訪問日に飲み忘れがないかどうかを確認します。錠剤をバラバラに薬カレンダーや薬箱に入れると、出すのが大変だったり、1種類だけ残ったままになっていたりすることがあります。そのときは、ビニール製のチャック付きの小袋に1回分を入れて、その袋ごと薬カレンダーに入れたりします。


 薬は飲み忘れないのが一番ですが、日々の生活の中で忘れてしまうのも避けられません。どのくらい飲めていて、どの薬を忘れやすいのかなどを把握して、主治医に伝えることも重要です。体調が変わったとき、薬が飲めていたのかいないのかによって判断も変わります。1日3回は飲めないのであれば、1日2回の処方にしてもらったほうが良いこともあります。


〔2012年8月7日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/16 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問診療を活用しよう

今回は、退院後の医療機関の受診についてです。


 まず、入院前と同じように、外来に通院できるでしょうか。通院には、病院までの移動だけでなく、待ち時間もあります。一人で長い距離を歩くのが難しい場合や、まひなどの後遺症が残っている場合には、受診に付き添ってもらえる人がいるでしょうか。移動のための車椅子はありますか。自宅の玄関の段差を安全に下りることはできますか。車椅子で外に出られますか。


 外来への通院が難しい場合には、退院後は訪問診療を利用するという方法があります。1、2週に1回、医師が自宅に来て診察や処方をしてくれます。点滴や経管栄養、在宅酸素療法、膀胱(ぼうこう)留置カテーテルなどが必要な場合にも、訪問診療をしてくれるクリニックがあります。訪問診療を受けながら、必要に応じて専門外来を受診したり、カテーテルの入れ替えを病院で行うこともあります。


 訪問診療がいいのか、外来受診を続けたほうがいいのか。少し体調が悪い時にも、何とか受診できる体力や条件(付き添いや家屋状況)があるのであれば、外来受診を続けることができるでしょう。でも、「今日は具合が悪いから、受診の日だけどやめておこう」ということが起こると、体調がかなり悪化するまで受診できなかったり、内服を中断したりといったことにつながります。このような可能性がある場合は、訪問診療への切り替えを考えてみてください。訪問診療の医療機関は、病院から紹介される場合もありますが、ケアマネジャーや訪問看護師に相談するのも手です。


 退院後のかかりつけ医に渡すために、入院中の主治医に診療情報提供書を書いてもらえると安心です。


〔2012年5月15日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/15 】 ケアーズの特徴 | TB(0) | CM(0)

点滴 食事必要な場合も

 「自宅で点滴ができるのですか」と聞かれることがあります。医師の診察を受けて点滴が必要と判断されたときは、訪問看護師が点滴を行うことがあります。


 点滴の方法はいくつかあります。腕の血管に針を刺す場合、腹部の皮下に針を刺す場合、または病状によっては首の下辺りの太い血管に点滴用の器具を埋め込む手術をして、そこに針を刺す場合などがあります。方法は医師が決めます。点滴を受ける本人や家族にとって、安全で管理をしやすい方法が選択されます。


 また、点滴と一概に言っても、内容は様々です。訪問診療を受けている場合には、具合が悪くなったときに、自宅で数日間の点滴をすることがあります。脱水のときには、水分と電解質の補給を目的とした点滴をします。カロリーはご飯茶わん半分以下のことが多いようです。発熱したときには、抗生剤の点滴を行うことがあります。これは感染症の治療が目的です。


 「点滴をしたから、食べなくても大丈夫」と思われる方もいますが、必ずしもそうとは言えません。かかりつけ医に相談しながら、できるだけ体力を落とさないよう、食事もとるようにしてください。病気によっては食べることができず、カロリーの高い点滴を行うこともあります。


 身体に針を刺している部位から点滴の袋まで管がつながっています。管が引っ張られない程度の距離に、クギやフックを使い、点滴の袋をぶらさげます。ベッドや布団のそばの壁や天井、または安定感のある洋服かけやカメラのスタンドなどに点滴をさげることもありました。使った針は医療機関で廃棄します。その他のゴミは自治体の決まりに沿って廃棄します。


(2012年7月24日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/11 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

最期は「いつもの場所」で

 病気で先が長くないとしたら、どこで最期を迎えたいと思いますか。


 最期を自宅で過ごし、旅立たれた男性がいました。「胃がんで1か月もつかどうかと言われました。本人が家に帰りたいというので退院することにしたけど、大丈夫でしょうか」。最初に奥さんにお会いした時の言葉です。ご本人も病気のことを理解していました。


 往診医と私たち訪問看護師、介護用ベッドなどの環境を整え、男性は退院しました。食事量は少なくなっていましたが、支えがあるとトイレまで歩けました。


 退院翌日に訪問すると、「やっぱり家の空気はいいね」とご本人。「昨日はいつもの食卓に座って、一緒に食事したんですよ」と奥さんもうれしそうでした。2人の表情はとてもリラックスしていました。


 翌日、「イスに座るのはしんどい」と男性はテレビの前の座椅子で過ごしました。そこも、“いつもの場所”だったそうです。「家の音が聞こえるのはいいね」と話していました。退院から1週間後、男性は静かに息を引き取りました。


 退院前、「家に帰ってから気持ちが変わることがあります。その時々、どうすればいいか相談していきましょう」と奥さんには話していました。私たちは、ご本人の希望、それを叶(かな)えたいという奥さんの思いを支えようと考えていました。痛み止めの量を調整し、ほとんど苦痛なく過ごすことができました。奥さんもそれを見て、自宅でも大丈夫と安心できたそうです。


 考え方も家庭状況も様々です。望んでも難しいこともありますが、自宅で最期までという希望を持つ方を支えるパートナーとして、訪問看護師の存在を知ってもらえたらうれしいです。


〔2013年2月26日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/10 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

事業所間で情報交換

 複数の介護サービスを利用すると、必要な情報を家族が受け取り、ほかに伝えるのは大変、というイメージはないでしょうか。今回は介護サービス事業所間の連携について紹介します。


 例えば、おしりに褥瘡(じょくそう)(床ずれ)がある利用者が、訪問看護、デイサービス、訪問介護サービスを利用しているとします。訪問看護師は褥瘡の状態を評価し、主治医に連絡、処置の方法を相談します。状態や処置の内容によりますが、家族や訪問介護スタッフに、軟膏(なんこう)を塗ってもらったりする場合もあります。


 看護師の訪問時に家族がいれば、その場でどの軟膏をどのくらいつけるのかなどを説明します。不在の場合は、書面で残します。私が働いている事業所は、複写式の訪問看護記録を自宅に置き、そこに処置の内容を記載します。


 訪問介護やデイサービスのスタッフへの連絡については、共通の連絡ノートやデイサービスで作っている連絡ファイルに記載して、伝えることもあります。訪問時に書く内容だけでは伝えきれない場合は、必要に応じて事業所間で、電話やファクスなどで連絡を取ることもあります。


 もちろん、各事業所は、利用者本人や家族に事前に了解をいただいた上で、連絡を取り合います。


 利用者の生活を支えるために必要な情報を、それぞれの事業所が理解することが大切です。時には、ケアマネジャーが中心となり、サービス担当者会議という話し合いの場を持って、情報交換をしたり、連絡方法を確認したりします。ひとり暮らしや、日中は独居の方、または家族も高齢で伝達が難しい場合なども、安心して自宅で生活できるように連携を取っています。


〔2012年7月10日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/09 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

緊急時の連絡先を確認

 今回から、自宅療養がどのように行われるのか、訪問看護師の視点から紹介します。訪問看護サービスの利用を開始するときには、運営方針や利用料金の説明を受けた上で契約します。訪問看護師は利用者の体調や希望、主治医やケアマネジャーの意見を確認しながら、どのようなケアや処置をするのかを決めます。


 最初は、訪問看護の際に必要なものを伝え、自宅の何をどのように使って良いか、使い終わったものをどこに片づけるのか、などを利用者や家族に伺います。例えば、身体を拭くタオルはこの色柄もの、おしりを拭くタオルは白いもの。オムツを捨てるときはどうするのか。家族から看護師への連絡があるときは、ここにメモを置く。ご家庭のルールに合わせ、様々な決めごとを打ち合わせます。


 また、看護師が訪問するときに、家族が必ずしも滞在している必要はありません。緊急の時の連絡先をいくつか伺っておきます。また、急がない連絡事項のときには、家族との連絡用のノートに記載し、次回の訪問のときまでに返事を書いてもらうこともあります。


 緊急時用の連絡先の確認は大切です。私が訪問したときに、利用者の方が転倒して痛みで動けずにいることがありました。主治医に連絡すると、救急車で病院に行ったほうが良いという判断。家族に電話をして、状況を伝え、私が救急車を呼んだこともありました。


 処置に必要な物品は、主治医の医療機関から提供する場合と利用者が薬局で買う場合があります。訪問看護師は残りの数を確認し、主治医に連絡をしたり、家族に次回の訪問までに購入するように伝えたりして、必要な処置やケアができるように物品を管理します。


(2012年6月26日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/08 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護師、退院後を支援

 訪問看護師はどんな人のところに訪問し、何をしてくれるのか。皆さんはご存じでしょうか。退院後に、体調管理や内服薬の管理、排泄(はいせつ)ケア、医療機器の管理などが必要な場合は、訪問看護の利用をお勧めします。


 訪問看護師は、高齢の方や障がいのある方のほか、小児や精神疾患のある方にも訪問しています。訪問看護ステーションの多くは小さい事業所なので、対象や地域を限っている場合もありますが、まずは相談してみてください。


 言うまでもなく、看護師は医療職です。ですから、その人の基礎疾患を考えながら、血圧や体温、脈拍などを測定します。飲み忘れがないように内服薬をセットしたり、薬の増減によって体調に変化が出ていないかを考えます。


 生活上の変化があって体調が変わっているのか、体調が悪くなって生活に影響しているのか……。一見、世間話のように聞こえるかもしれませんが、いろいろなお話を伺いながら、様々な側面から、体調の良否を判断しています。


 また、褥瘡(じょくそう)(床ずれ)がある場合は、処置をするだけでなく、身体の動きや姿勢の変化をみたり、食事や排泄の状況を把握したりします。そして、処置の方法を医師と相談したり、ベッドのマットレスやオムツの種類などについてケアマネジャーと打ち合わせ、身体の動かし方を検討したりします。さらに、自力で排泄ができない場合には、下剤の調整や浣腸(かんちょう)などを医師と相談して実施します。必要があれば、点滴や注射を自宅で行うこともあります。


〔2012年5月29日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/07 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

「1人看護師」存続危機…宮城・石巻

 被災地の特例措置で、看護師1人での開業が認められた宮城県石巻市の訪問看護事業所の存続が懸念されている。


 9月末に期限を迎える特例措置の延長が、21日に東京で開かれる有識者の会議で了承されなければ、事業打ち切りを迫られる可能性がある。関係者は、地域で働く看護師を後押しできるとして、特例措置の継続を求めている。


 介護保険で訪問看護を行う場合、事業所には常勤換算で2・5人以上の看護師を置く必要がある。だが、震災後、1人で開業できる特例措置が設けられ、石巻市の看護師佐々木あかねさん(29)は今年1月、県内で初めて特例措置による開業が認められた。


 現在の利用者は9人。独り暮らしや、高齢の夫婦のみの家庭など「老々介護」も多い。佐々木さんは「被災し、うつの症状に苦しんでいる人もいる。震災で市立病院が病床を失い、訪問看護の必要性は高まっている」と語る。


 当初、2012年2月末までだった特例措置は、半年程度ずつ3回にわたり延長された。対象地域は段階的に狭められ、現在は今年3月時点で開業していた石巻市と福島県南相馬市のみとなっている。


 特例措置の延長は、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の介護給付費分科会で判断される。これまでの議論 、日本看護協会の委員らは「1人で24時間365日の対応ができるか疑問」などと延長に反対している。一方、認知症の家族会の委員らは「継続を希望する利用者や市町村がある以上、廃止すべきでない」などの意見を示している。


 21日の分科会は、利用者の要介護度や訪問看護の利用時間などの状況と自治体の意向を踏まえて決める。石巻市は「市内9か所の訪問看護事業所にアンケートを行い、今後は他の事業所で対応可能と判断した」と延長を求めていない。


 特例措置がなくなると、2・5人の人員基準を満たせなければ、事業を打ち切るほかない。佐々木さんは「病院やケアマネジャーを通じ、新たな依頼が舞い込んでくる。他の事業所の求人情報を目にすることも多く、訪問看護師が足りているとは思えない」と訴える。


 佐々木さんを支援する「開業看護師を育てる会」(神奈川県藤沢市)は約2万人の署名を集め、特例措置の延長などを厚労省に請願している。代表の菅原由美さんは「まずは1人でスタートし、利用者の増加に合わせ徐々に人員を充実させることが認められれば、開業しやすくなる。この仕組みを全国に広げ、地域で働く看護師を増やすべきだ」と話す。


〔2013年8月21日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/04 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

訪問看護日記

昼間独居で暮らしてみえるAさん


「来てもらってお話するだけでも、私も家族も安心しているの」と


穏やかなお顔をみせていただきます。
足浴・マッサージ等をしながら、笑顔で多弁。
お宅に伺う訪問ではこの様に心のケアーも
大切にしていかなければならないものだと実感しました。


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪所長〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/03 】 ケアーズ日記 | TB(0) | CM(0)

医療は医師だけでは行えない

 最近、日本では、特に過疎の地方では医師不足が切実な問題とされています。それに対して、政府は2009年度から全国で医学部入学定員をこれまでの7600名から8500名に増やす案を立てました。政府はこれで将来の医師不足、特に小児科医、産科医、麻酔医の不足は解決する見通しだといいますが、高校を卒業後、医学部に入学して6年の課程を終え、その後2年間の卒後研修を受けると合計8年かかることになり、それでは今の医師不足はまだまだつづくというのが実際のところではないかと思います。


他の医療職者の仕事内容拡充を
 それで私は、医師以外の医療職として、看護師や救急救命士、介護士などの仕事の内容を拡充し、医師でなくても他の医療職者が代わりをできるようにしたらどうかということを前々から唱えてきました。


 救急救命士は医師でないから、救急車内でも医師が同乗していなければ医療行為はできないとされていました。しかし、数年前に、医師のいないところで救急患者の気管内に挿管し、酸素吸入をさせて病院に患者を送り届けたという行為が重なったことに対して、医師法違反だとして問題になりました。しかし、救急救命士の実力をテストしたところ、普通の医師以上に気管内挿管は上手であることが実証され、救急救命士が気管内挿管を実施できるよう認められました。


 今までの保健師助産師看護師法(昭和23年)では、看護師は医師の診断治療を補助するということになっていて、それが長年改正されませんでした。しかし、私は看護師や助産師にも、これまで医師が行っていた診断や治療ができるような教育課程を設ければ、たとえば訪問看護師が訪問先の家庭でも、ある程度の診断ができ、手当もできると考え、4年制の看護大学を卒業後、大学院における課程では診断学や薬理学を教えて、以上のことができるコースを今年の春から開始しています。


 米国では、外科手術の麻酔の大部分は、訓練を受けた麻酔看護師が独立して麻酔をかけていますが、これは40年も前から行われてきたのです。このように医師以外の医療者にも資格を与えれば、僻地で医師不足であっても、訪問看護師などがこれを行うことができます。


看護師などの能力・技術向上で、医師不足の一端は解決へ
 医療はすべて医師だけが行うという古い法律を改め、以上のことができるように看護師などの能力・技術を高めることで、医師不足の一端は解決すると思います。


 国民も、医療を医師のみに独占させる従来の状況を改めるよう、法改正に大いに賛成してほしいと思います。


〔2011年9月1日 yomiDr.〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/02 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

床ずれ予防に訪問看護

 寝たきりの高齢者を自宅で介護する際、心配事の一つに床ずれへの対処がある。介護者も高齢の場合、体力面で十分なケアができないケースも。訪問看護の利用やエアマットのレンタルなど、介護保険をうまく利用したい。


わずかな変化とらえ対応
 大阪市城東区の柏原アキコさん(96)宅に8月下旬、近くの「訪問看護ステーションゆうりん」の萩野栄美さんが訪れた。日本看護協会の「皮膚・排泄(はいせつ)ケア認定看護師」で、専門知識を備え、医師と連携して床ずれの予防や治療などにあたる。


 萩野さんは柏原さんのかかとが少し赤くなっているのを見つけ、長女の敏子さん(68)に「このままでは床ずれになるかもしれません。足元にクッションを入れて、かかとにかかる力を分散させましょう」と助言。乾燥している皮膚には、摩擦やずれから保護するため保湿クリームを塗った。


 床ずれ(褥瘡(じょくそう))は体の同じ場所が長時間圧迫されたり、こすられたりして血行障害が起き、皮膚などの組織が傷つくことでできる。加齢によって骨周りの肉が薄くなったお尻やかかと、肩などにできやすい。悪化すると傷が深くなり、敗血症になる危険もある。


 柏原さんは寝たきりの要介護5。介護保険を利用し、訪問看護を受け始めたのはこの4月からだ。昨年はお尻に床ずれができ、治療に1か月かかった。敏子さんは、おむつ交換の際などに体の向きを右や左に変えるように心がけているが、萩野さんらに何度も助けられたという。「わずかな変化にも気づいて対応してくれるので、安心です」


 日本褥瘡学会(東京)の2010年の実態調査によると、自宅で訪問看護を受けている人のうち床ずれを起こしていた人の割合は5・4%。06年の8・3%より減少しているものの、病院や高齢者施設に比べると高い。


エアマットも有効 
 天理よろづ相談所病院(奈良県天理市)の「在宅世話どりセンター」責任者で医師の中村義徳さんは「介護者の高齢化が進み、こまめに体位変換ができなかったり、無理に動かして皮膚がひきつったりするケースが見られる」と指摘。「エアマットなど床ずれを予防する用具は有効です」と話す。


 エアマットは、電源を入れると空気が自動的に出入りして形状が少しずつ変わり、同じ部位に負担がかかるのを防ぐ。また、低反発ウレタンフォームなどでできた体圧分散マットレスは、体を無理なく支える。いずれも介護保険で要介護2以上なら1割負担で借りることができ、利用料は月額1000円前後という。


 ただ、自分の力で少しでも体を動かせる人には、マットが軟らか過ぎると動きにくい。自立の妨げになることもあり、身体状況に応じて選びたい。


 「床ずれ対策の第一は予防です。人によってできやすい部位は異なるので、訪問看護師らと相談し、日頃から体の状態に気を配ってほしい」と中村さんは話している。


【床ずれ予防のポイント】
・あお向け、横向けなどの寝方の習慣や骨が突出している部分を確認し、床ずれになりやすい部位を見つける
・定期的に体位変換をする。その際、体を無理に動かして皮膚に負担をかけないようにする
・皮膚を乾燥させないようクリームなどを塗る
・身体状況に応じて適切なマットを選ぶ。体位を保つためのクッションも効果的
・こまめにおむつを交換し、蒸れを防ぐ。必要以上におむつを重ねづけしない
・皮膚が赤くなったり、荒れたりしていたら早めに医師や看護師に相談する
・良い栄養状態を保つ
(萩野さん、中村さんの話を基に作成)


〔読売新聞 2011年9月9日〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/10/01 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。