ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

医療は医師だけでは行えない

 最近、日本では、特に過疎の地方では医師不足が切実な問題とされています。それに対して、政府は2009年度から全国で医学部入学定員をこれまでの7600名から8500名に増やす案を立てました。政府はこれで将来の医師不足、特に小児科医、産科医、麻酔医の不足は解決する見通しだといいますが、高校を卒業後、医学部に入学して6年の課程を終え、その後2年間の卒後研修を受けると合計8年かかることになり、それでは今の医師不足はまだまだつづくというのが実際のところではないかと思います。


他の医療職者の仕事内容拡充を
 それで私は、医師以外の医療職として、看護師や救急救命士、介護士などの仕事の内容を拡充し、医師でなくても他の医療職者が代わりをできるようにしたらどうかということを前々から唱えてきました。


 救急救命士は医師でないから、救急車内でも医師が同乗していなければ医療行為はできないとされていました。しかし、数年前に、医師のいないところで救急患者の気管内に挿管し、酸素吸入をさせて病院に患者を送り届けたという行為が重なったことに対して、医師法違反だとして問題になりました。しかし、救急救命士の実力をテストしたところ、普通の医師以上に気管内挿管は上手であることが実証され、救急救命士が気管内挿管を実施できるよう認められました。


 今までの保健師助産師看護師法(昭和23年)では、看護師は医師の診断治療を補助するということになっていて、それが長年改正されませんでした。しかし、私は看護師や助産師にも、これまで医師が行っていた診断や治療ができるような教育課程を設ければ、たとえば訪問看護師が訪問先の家庭でも、ある程度の診断ができ、手当もできると考え、4年制の看護大学を卒業後、大学院における課程では診断学や薬理学を教えて、以上のことができるコースを今年の春から開始しています。


 米国では、外科手術の麻酔の大部分は、訓練を受けた麻酔看護師が独立して麻酔をかけていますが、これは40年も前から行われてきたのです。このように医師以外の医療者にも資格を与えれば、僻地で医師不足であっても、訪問看護師などがこれを行うことができます。


看護師などの能力・技術向上で、医師不足の一端は解決へ
 医療はすべて医師だけが行うという古い法律を改め、以上のことができるように看護師などの能力・技術を高めることで、医師不足の一端は解決すると思います。


 国民も、医療を医師のみに独占させる従来の状況を改めるよう、法改正に大いに賛成してほしいと思います。


〔2011年9月1日 yomiDr.〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/10/02 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。