ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

薬の飲み方 主治医に相談

 体調が悪いときや持病がある場合、薬を飲むことで体調を改善したり維持したりできるということは、多くの方が理解されていることだと思います。でも、実際に、忘れずに飲むのは結構大変なことではないでしょうか。薬の袋を見ながら「これは朝2錠」「これは朝1錠、夜1錠」など確認しながら準備するのも、なかなか手間がかかります。


 日々の服用を簡単にする方法として、1週間分の薬を入れることができる「薬カレンダー」や「薬箱」があります。月曜日から日曜日まで分かれていたり、朝、昼、夜、寝る前に分けて入れたりするものもあります。また、主治医や薬局に相談すると、朝の分、夜の分を一つの袋にまとめて入れてくれます。ただし、体調によって量を調整する薬には、袋に入れられないものもあります。


 高齢の方で、どうしても飲むのを忘れてしまう場合は、訪問看護師が1週間分をセットして、次の訪問日に飲み忘れがないかどうかを確認します。錠剤をバラバラに薬カレンダーや薬箱に入れると、出すのが大変だったり、1種類だけ残ったままになっていたりすることがあります。そのときは、ビニール製のチャック付きの小袋に1回分を入れて、その袋ごと薬カレンダーに入れたりします。


 薬は飲み忘れないのが一番ですが、日々の生活の中で忘れてしまうのも避けられません。どのくらい飲めていて、どの薬を忘れやすいのかなどを把握して、主治医に伝えることも重要です。体調が変わったとき、薬が飲めていたのかいないのかによって判断も変わります。1日3回は飲めないのであれば、1日2回の処方にしてもらったほうが良いこともあります。


〔2012年8月7日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/10/16 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。