ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

診断から在宅療養まで 国立がん研究センター東

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、診断から在宅療養まで一貫して患者を支援する「サポーティブケアセンター」を設け、運営を始めた。


 入院期間が短くなり、化学療法や放射線療法などを外来で行うケースが増え、患者が医師や看護師と関わる機会が少なくなっていることに対応した。


 告知や治療法の選択などの際、患者や家族の相談に看護師が応じ、独居などで在宅療養が難しい患者の場合は地域の訪問看護師らに情報提供する。体の痛みは緩和ケアチーム、治療費の支払いは医療ソーシャルワーカーなど、専門的な窓口につなぐ役割も担う。


 センターには4人の看護師が所属。6月から呼吸器内科の新規外来患者全員から話を聞くなどの活動を行っている。緩和医療科長の木下寛也さんは「病状の先を見据えた、総合的で一貫した支援を提供したい」と話している。


〔2013年7月18日 読売新聞〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/10/23 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。