ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山の75歳以上、2030年がピーク

 高齢化が進む富山県内で、65歳以上人口が全国より20年早い2020年、75歳以上人口は25年早い30年に、それぞれピークを迎えることが、県の推計でわかった。


 全国と比べて急速なペースで進む高齢化に在宅医療のニーズが高まる一方で、訪問看護ステーションは44か所と人口10万人あたりの設置数で全国41位(13年4月)にとどまるなど、医師や看護師の確保に課題が浮き彫りになった。


 県が10月24日、在宅医療や訪問介護に携わる県内の医師や事業者らを委員とする「県あんしん在宅医療・訪問看護推進会議」で報告した。


 県内人口は1998年に112万6336人でピークを迎えて以降、減少局面に入ったが、少子化に伴い高齢化率は上昇し続けている。65歳以上人口は2020年に33万7000人、75歳以上人口は30年に20万9000人に上り、それぞれピークを迎える見込み。


 県内の医療機関や病床数に今後大きな増加はないとし、自宅で亡くなる高齢者は30年に現在の1・5倍の2000人を見込んでおり、在宅医療や訪問介護の充実が求められるとしている。


 一方、県が今年2月に行った在宅医療の実施状況調査では、訪問診療に従事している医師数は09年度の302人に対し、12年度は288人に減少。医療機関からは、「24時間往診可能な体制を確保できない」「24時間連絡を受ける医師・看護師を確保できない」などの課題が挙げられた。


 また、訪問看護ステーションの常勤看護職員数は、7・5人以上が7%にとどまり、2・5~5人未満の小規模なステーションが69%で大半を占めた。小規模ステーションは職員1人あたりの訪問件数が増加し、24時間の対応も難しく、収支が悪化する傾向にあった。


 この日の会議では、「小規模の訪問看護ステーションが多く、連携しなければやっていけない」「看護師などの人材育成を進め、訪問看護の従事者を増やしてほしい」などの意見が相次いだ。


 県は医師や看護師らの人材確保を進めるとともに、市町村、医師会、ケアマネージャー、訪問看護ステーションなどの多職種会議を地域に設け、在宅高齢者の包括的な支援を目指すとしている。


(2013年11月5日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/11/29 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。