ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2013年12月 】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本年もお世話になりました。

いつも当ブログをご観覧いただきありがとうございます。
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪です。
早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。


来年も訪問看護についてや、訪問看護のニュースなど
少しでもサービスの向上を図るよう、誠心誠意努力する所存ですので、
より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。


〔年末年始休業期間〕
 12月31日(火)~1月5日(日)



新年は1月6日(月)9:00より営業開始となります。


来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。



ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/12/27 】 ごあいさつ | TB(0) | CM(0)

訪問看護日記(12月号)

 寒さがひとしお身にしみるところとなりました。
ケアーズ訪問看護も寒さ対策をねりながら日々利用者様のもとへ車をはしらせています。
「寒いね~」から始まるケアも、利用者様と入浴やリハビリを通し体を動かして弾む会話で帰る頃には身体も心も温まっています。
つい先日も利用者様のつくられた素敵な詩に出会いました。その詩の中にはこんな事が書かれていました。


自由をうばわれ 絶望のふちに立たされ
運命をにくみ ゆううつな日々(中略)
たくさんの人の愛にふれ 
僕は優しくなれた
僕が生きている事は間違いでも無意味でもないんだ(中略)
流れゆく時の中で 僕は人らしく生きて
迷いや不安などかきけせる勇気をもとう…



と、中略してはいますが詩の中にはたくさんの思いがこめられていて私はすごく元気をもらいました。毎日を大事にしていきたいです。
今年もあと1か月となりました。寒さに負けず安全第一に訪問車を走らせ今日も元気にうかがいます。


(ケアーズ新聞12月号より)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/26 】 ケアーズ日記 | TB(0) | CM(0)

愛情たっぷりロールパン 羽曳野に専門店 夫婦でゼロからスタート 大阪

 ■素材にこだわり 常時9種類


 羽曳野市南恵我之荘の住宅地に今春誕生した関西では珍しいロールパン専門店「ケイラズブレッド」が、近所の人たちを中心に人気を集めている。牟田卓伺(むた・たくじ)さん(40)、敦子さん(32)夫妻がパンの食べ歩きなどをして研究し、自宅の一室を改装して開いた店。「どんな心のときもちょっとハッピーになれるものを」とロールパンづくりに励んでいる。


 住宅地に静かに構える同店。目立つ看板もなく、店舗面積も約10平方メートルとこぢんまりしているが、外まで焼きたてのパンの香りが漂ってくる。


 店を開いたのは、看護師だった敦子さんが訪問看護先で「朝はパンとコーヒーが早くていい」とお年寄りらが話しているのを聞き、「すぐに食べられるパンはないか」と考えたのがきっかけ。夫婦でパン店めぐりをする中でロールパンに着目した。


 敦子さんが平成20年に長男の恭英瑠(けいら)ちゃん(5)出産後、パン教室に通い、パン講師とパンコーディネーターの資格を取得。大阪市職員だった卓伺さんも仕事を辞めて材料の配合を研究するなど、夫婦で力を合わせて開店準備を進めてきた。


 オープンは今年4月。店名は恭英瑠ちゃんの名前からとった。商品のパンはもちもちした食感で後にバター風味が残るのが特徴。保存料や鶏卵を使わず、豆乳、バター、練乳は北海道産、砂糖と塩は沖縄産など素材にもこだわった。


 当初はプレーンのみだったが、次第に種類を増やして現在は常時9種類をそろえる。イチジクやパンプキンなど旬の素材を使ったものも登場。「ママ友の手土産などに最適」と好評だ。


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/25 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

「最期は家で死にたい」願いに沿う 滋賀・永源寺地区の地域づくり

 最期は入院して管につながれたりせず、家で枯れるように死にたい-。そう考える人は多いが、家族や地域のつながりが薄れる中では困難に見える。しかし、中には「単身でも、希望すれば何とかなる」とする地域もある。滋賀県東近江市の永源寺地区は、自宅で亡くなる人が4~5割に上る。中山間地でもコミュニティーは薄れつつあるが、医療職や介護職が地域づくりにも働きかけている。


 ◆日頃から意思確認


 「ご飯が食べられなくなったら、どうする? 病院に行く?」


 東近江市にある永源寺診療所の花戸貴司医師は在宅患者に日頃から聞く。病状が深刻なときだけでなく、元気なときもだ。多くの高齢者がこう応える。「どこにも行かん、家にいるわ」「なんかあったら、先生に診てもらうわ」


 花戸医師は「日常会話の中で、その都度聞いています。人の気持ちは揺れ動くし、本心を語ってもらえないこともある。普段から聞いておけば『なんで、今聞くの』と思われずに済む。死をタブー視せず、当然のこととしておくと、皆さん、しっかり考えて本当に雄弁に語ってもらえる」と話す。


 永源寺地区は人口約6千人で高齢化率は約30%(全国平均24・1%)。花戸医師はこの地域で約80人の在宅患者を持つ。在宅看取(みと)りが増えたのは、着任から5年目くらい。患者の葬儀で「家で亡くならはったんよ」と話題になり、地域に「家で死ぬことができるんだ」と、驚きと実感が広がったらしい。葬儀後、聞きつけたおばあちゃんたちが紹介状持参で次々に診療所にやってきた。


 「病院に行って最後まで治療するよりも、ここで生活を継続したいという願いが強い。僕はそれを聞いて、なるべく意に沿うようにするだけです」


 ◆隙間を埋める


 多世代同居もあるが、老老や独居の世帯も多い。家で暮らし続けるには、医療職や介護職だけでは手が足りない。「隙間」を埋めるのが、ご近所さんや家族。さらに、花戸医師は「ひ孫さんや犬も『チーム永源寺』の一員」と考えている。愛犬との散歩が日課の認知症の人もいれば、ひ孫が生まれて俄然(がぜん)、元気になった人もいるからだ。


 ボランティアも強力な一員。生活支援サポーター「絆」のメンバーは38人。花戸医師から「あそこのおばあちゃんが心配なんだけど」と言われれば話し相手に出向く。話し相手は無料で、病院などへの送迎は1キロ15円だ。


 代表の川嶋冨夫さん(66)は「買い物代行もできるけれど、しゃべらんことにはコミュニケーションにならん。一緒に買い物に行けば、車の中でも、買い物しながらでもしゃべれる。認知症の軽いときに外へ誘ったり、家で3、4回も同じ話を聞いたりは、先生たちにはなかなかできん。われわれでないと」と言う。


 「絆」は、この地域でもコミュニティーが薄れてきた危機感から結成された。同市の社会福祉協議会が「生活支援サポーター養成講座」を実施したのを機に、参加者らが「誰かがやらんと(地域は)戻らんのと違う」とスタートした。民生委員でもある川嶋さんは「民生委員が出向くと大ごとだが、絆のメンバーとしてなら助け合いで声を掛けられる。民生委員の仕事もしやすくなった」と話す。


 花戸医師は「コミュニティーは中山間地でも希薄になりつつある。家族やご近所を交えたチームをつくることが安心して暮らすことにつながる。在宅医療は地域づくり。地域で医療を行うというだけでなく、医療を通しての地域づくりができればと思う」と話している。


 ■単身高齢者を支える事前調整


 この日、花戸医師は72歳から95歳まで5人の患者宅を訪問した。小島そよさん(93)=仮名=は単身で、高齢化率が6割を超える奥永源寺地区に住む。「あの鉄塔の立っている山の向こうまで行きます」。車はダム沿いの道を上がっていく。冬は雪が50~60センチも積もり、訪問看護のサービスもない。「サービスが限られている分、あるもので工夫しようという気持ちはあります」


 そよさんは骨折後、歩行範囲が狭まった。訪問診療は月1回だが、この日は38度超の発熱で往診依頼があった。


 診察後、花戸医師はいつものように聞いた。「病院へ行く? その方が安心やったら入院してもいいし、家におるんやったら、電話をくれたら僕はすぐ来るよ」。治療法は家でも病院でも変わらないとの判断だが、独居の不安を思いやった。半面、高齢者は入院で身体や認知の機能が急に落ちる危険性もある。


 「家におります」との返事を聞き、花戸医師は介護保険のヘルパーが緊急に来られるかを検討。看護師がその場でケアマネジャーに電話した。「発熱で1人なので、明日、ヘルパーさんに入ってほしいんですわ」。数分後、ケアマネジャーから折り返し、いつものヘルパーが入ることと、そよさんの近隣宅に電話し、様子を見てくれるよう頼んだことが伝えられた。結局、花戸医師が帰った後、そよさん宅には薬剤師が薬を配達。翌朝、ご近所さんが様子見に訪れ、午前中は訪問介護が入り、午後はケアマネジャーが訪問。そよさんはほどなく平熱に戻った。


 介護保険のサービス計画は月単位。急な変更も可能だが、関係者の事後確認が必要で、臨機応変に行かないのが一般的だ。だが、花戸医師は事前に関係者間で調整をしていた。高齢のそよさんが調子を崩すことが増えたためだ。ケアマネジャーも事前に近隣宅を訪れて緊急時の助けを打診、電話番号も控えていた。専門職らの事前準備と地域への働きかけが、独居のそよさんを支えている。


(産経新聞 12月6日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/24 】 ケアーズの特徴 | TB(0) | CM(0)

町亞聖さん、母を介護した奇跡の10年「もっと一緒にいたかった」

 フリーアナウンサーの町亞聖さんは大学受験を控えた18歳のとき、母親の広美さんがくも膜下出血で倒れた。介護生活は、広美さんが末期がんで亡くなるまでの10年に及んだが、町さんは「多くの気づきをくれた奇跡の10年でした」と振り返る。
  

 「お姉ちゃん、起きて」。平成2年1月8日。高校3年の3学期の始業式の日でした。母の様子がおかしいと、妹に起こされました。「吐き気がする」と母は言っていましたが、意識もありました。夕方になっても良くならず、父が帰宅後、病院に行ったんです。


 翌日検査すると、くも膜下出血と分かりました。私は学校から帰宅後、父と妹から説明を受けました。妹は「死んじゃうかもしれない」と泣きじゃくって。


 手術を受ける前、病室で母は「心配かけてごめんね」と話していました。しかし、手術後、徐々に声がかすれ、右手と右足も少しずつ動かなくなって。10日後に脳梗塞を起こした母は、言語障害と右半身不随という重い後遺症を背負うことになってしまいました。


 幼い弟と妹の母親代わりをしながら、母が入院中は毎朝6時には病院に行きました。大学受験は失敗し、浪人することに。母は4カ月後、リハビリ専門の病院に移り、翌年の2月に退院したんです。


 当時は在宅介護の情報がなく、試行錯誤でした。家も狭くてバリアフリーではなかったので、母が車椅子で移動するのも大変。街中も段差がたくさんありましたが、買い物などなるべく母を外に連れ出しました。車椅子でも「母は母」。母との生活は私にとって普通のこと。隠すことではなかったんです。


 1浪後、大学に進学し、夢だったアナウンサーになりました。人前で話すことが好きでしたが、自分が伝えたいことが、母の介護を通じて明確になった。障害を持つ人が地域で普通に暮らすこと。老いや病気、介護は誰にでも起こる可能性があること。「もし自分だったら」と、多くの人に考えてもらうきっかけをつくりたいと思ったんです。


 母も私がテレビに出るのを喜んでくれて。でも、アナウンサーとして働きながら介護を続けていた平成10年、母が末期の子宮頸(けい)がんであることが分かったんです。がんはステージIIIb。骨盤やリンパ節にもがんが転移して手術もできない状態。統計的には余命半年、と説明されました。


 後にがんの取材をするようになり、早期なら死ぬことのない病気と分かりました。「気づいてあげられなかった」と大きな悔いが残り、今も立ち直れていないですね。


 在宅介護で看取(みと)ることは家族で決めました。病院は非日常の世界。母が唯一、自由に過ごせる家に戻ってきてほしかった。地元の総合病院に緩和治療科があり、訪問看護を受けることができました。この頃、父の胃がんも分かりましたが、早期で手術をすれば回復するということでした。


 母ががんと分かってから1年半がたった11年11月。18日は母の50歳の誕生日でしたが、誕生日を迎える前、母が激しい痛みに苦しみ始めました。痛みから救うため、モルヒネを使うことを決断。モルヒネを使うと意識のある状態には戻せない。でも、在宅介護を決めたときから延命措置はしないと決めていたんです。


 9日、自分の部屋にいると、「意識が戻ったみたい」と叔母に呼ばれました。母は、それまでは目は何も見ていないようでしたが、目に正気が戻っていた。最期に父を見て、ほほ笑んだんです。


 介護生活をやりきれたと思えるのは母のおかげです。


 がんの末期に母は人工肛門の手術をしたんですが、初めてうんちが出てきたとき、「ほら、ほら」って私を呼ぶんです。普通は人工肛門を着けたら落ち込むと思うんですが、そんな様子をみじんも見せない。「お母さん、すごい」と思いました。完敗ですよね。


 母は、障害者になったこともがんになったことも受け入れ、最期まで笑顔でいてくれた。自分の状況を嘆いたり怒ったりしたこともありません。支えていたつもりが、母に支えられ励まされていました。「この母のためなら」。そんな思いでいっぱいでした。本当に感謝しています。


 母と過ごした10年間は気づきや学びがたくさんありました。20年一緒にいたら、20年分の学びや気づきがあったはず…。もっと、母とずっと一緒にいたかったです。


(産経新聞 11月30日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/20 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#6

⑥どうすれば、訪問看護を受けられるの?


医療保険の場合


•お近くの訪問看護ステーションにご相談ください。
訪問看護ステーションから、かかりつけの医師と連絡をとり指示を受け、訪問看護サービスを提供します。


•かかりつけの医師にご相談ください。
適切な訪問看護ステーション、もしくは病院等の訪問看護機関に指示が出て、訪問看護サービスを提供します。



介護保険の場合


•ケアマネジャーにご相談ください。
介護保険の「要介護認定」を受け、要支援・要介護に認定された場合は、"ケアマネジャー"という専門家によるサービス計画を立て、様々なサービスをコーディネートします。
そのサービスにはもちろん、訪問看護も含まれます。
その時、ケアマネジャーに「週に○日、訪問看護をうけたい」「○○訪問看護ステーションから訪問看護をしてもらいたい」などの要望を伝えてください。ケアマネジャーは、お客様のご要望を最優先に考え、サービス計画を立案します。


•在宅介護支援センターで相談


•市区町村役所の在宅福祉関連窓口で相談


•保健所・保健センターの保健婦に連絡


•病院の医療相談室に相談


•地域の社会福祉協議会に相談


•地域の民生委員に相談


•民間の訪問看護サービス会社に連絡


・・・などの方法で、訪問看護サービスの紹介をうけられます。


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/19 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#5

⑤訪問看護を受けるには、料金はいくらかかるの?


どの訪問看護機関からサービスをうけるのか、またどんな保険を利用するのかによって、料金は異なります。


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------




ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/18 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#4

④どんな機関が、訪問看護をしてくれるの?


訪問看護を提供する機関には、次のような所があります。



•訪問看護ステーション
全国におよそ5924ヵ所(2006年4月1日現在)の訪問看護ステーションがあります。最近は駅や街角などでも、訪問看護ステーションの看板を多く見かけるようになり、利用しやすくなっています。
在宅で療養される皆様に、質の高い訪問看護サービスを提供するため、訪問看護師自身が運営するサービス機関です。
各種保険(医療保険、介護保険、公費負担医療など)が使えるので、費用負担が少なくてすみます。
看護師・保健師・助産師の他、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等がスタッフとして所属しています。

また保健所・市役所・区役所などでも、情報を得ることができます。
ご利用者のかかりつけ医の所属機関を問わないため、公共的意義の高いサービスとなっています。


•医療機関(病院・診療所)
多くの病院や診療所が、「訪問看護部門」を設け、在宅で療養が必要な状態で退院された方々や、病院・診療所に通院したり、往診を受けている方に訪問看護を提供します。
現在のかかりつけの病院・診療所でも、訪問看護をしているのではないでしょうか。またその病院・診療所で行っていなくても、最寄りの訪問看護機関を紹介してもらえるはずです。


•自費の訪問看護サービス
民間の企業などが行う訪問看護サービスです。訪問看護ステーションや病院・診療所からの訪問看護と同様、プロの訪問看護が受けられます。
料金の体系等が 、他機関の訪問看護とは異なり、利用者との契約で行われるサービスです。
その分、特殊なケアやオリジナルに富んだメニューが用意されています。
近所の看板やタウンページ(家政婦・看護婦紹介所のカテゴリーに大部分掲載)などで見つけることができます。


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/17 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#3

③訪問看護って、何をしてくれるの?


かかりつけの医師と連絡をとり、心身の状態に応じて以下のようなケアを行います。


•健康状態の観察と助言
•検査・治療促進のための看護
•日常生活の看護
•療養環境改善のアドバイス
•在宅リハビリテーション看護
•介護者の相談
•精神・心理的な看護
•様々なサービス(社会資源)の使い方相談
•認知症の看護
•終末期の看護
入退院についてのご相談や、必要に応じ他の様々なサービスをご紹介したり、関連機関と綿密な連携をとり、利用者が安心して豊かな療養生活を送れるための様々な支援や調整をいたします。


■健康状態の観察と助言


•健康のチェックと助言(血圧・体温・呼吸・脈拍)
•特別な病状の観察と助言
•心の健康チェックと助言(趣味・生きがい・隣人とのつながりなど)


■日常生活の看護


•清潔のケア
•食生活のケア
•排泄のケア
•療養環境の整備
•寝たきり予防のためのケア
•コミュニケーションの援助


■在宅リハビリテーション看護


•体位交換、関節などの運動や動かし方の指導
•日常生活動作の訓練(食事・排泄・移動・入浴・歩行など)
•福祉用具(ベッド・ポータブルトイレ・補聴器・車椅子・食器など)の利用相談
•外出・レクリエーションの支援
•生活の自立・社会復帰への支援


■精神・心理的な看護


•不安な精神・心理状態のケア
•生活リズムの調整
•社会生活への復帰援助
•事故防止のケア
•服薬のケア
•リラックスのためのケア


■認知症の看護


•認知症状に対する看護・介護相談
•生活リズムの調整
•コミュニケーションの援助
•事故防止のケア


■検査・治療促進のための看護


•病気への看護と療養生活の相談
•床ずれ・その他創部の処置
•医療機器や器具使用者のケア
•服薬指導・管理
•その他、主治医の指示による処置・検査


■療養環境改善のアドバイス


•住宅改修の相談
•療養環境の整備
•福祉用具導入のアドバイス


■介護者の相談


•介護負担に関する相談
•健康管理、日常生活に関する相談
•精神的支援
•患者会、家族会、相談窓口の紹介


■様々な在宅ケアサービス(社会資源)の使い方相談


•自治体の在宅サービスや保健・福祉サービス紹介
•民間や関連機関の在宅ケアサービス紹介
•ボランティアサービス紹介
•各種サービス提供機関との連絡・調整
•その他、保健・医療・福祉の資源紹介など


■終末期の看護


•痛みのコントロール
•療養生活の援助
•療養環境の調整
•看取りの体制への相談・アドバイス
•本人・家族の精神的支援


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/16 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#2

②訪問看護は、どんな人が受けられるの?


疾病・障害をもち、療養をしながらご家庭で生活されている方。
ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。
訪問看護を必要とする全ての方を対象とし、赤ちゃんからお年寄りまで、性別・国籍・宗教・地域等に関係なく実施されます。
平成12年4月から施行された介護保険で、要支援・要介護に認定された方はもちろん対象です。


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/13 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#1

①訪問看護は誰が来てくれるの?


看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。
また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。
保健・医療現場での十分な看護の経験・知識・技術をもつ専門家が担当いたします。
また訪問看護師になってからも、必要な最新の知識技術についての教育やトレーニングを受け、常にその能力を向上させています。

そして訪問看護師のだれもが、訪問看護というサービスの提供者としてのプロ意識と"熱意"にあふれています。


詳しくはケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪のHPをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/12 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

訪問看護をご存知ですか?#0

訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上の世話又は必要な診療の補助)です。


病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、住まいで最期まで暮らせるように多職種と協同しながら療養生活を支援します。


①訪問看護に誰が来てくれるの?


②訪問看護は、どんな人がうけられるの?


③訪問看護って、何をしてくれるの?


④どんな機関が、訪問看護をしてくれるの?


⑤訪問看護を受けるには、料金はいくらかかるの?


⑥どうすれば、訪問看護を受けられるの?



6日に分けてお答えいたします。


(日本訪問看護財団)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/11 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

4年制看護大設置を 自民医療調査会、県予算で要望

 自民党医療問題調査会は29日、2014年度の県の予算編成に向け、4年制看護大学設置や、研修医確保に向けた病院への支援などを盛り込んだ要望書を石井知事に提出した。同会による要望は初めて。


 鹿熊正一会長が「保健医療を取り巻く環境が大きく変化しており、一層の医療関係施策充実に積極果敢に取り組んでいただきたい」と述べ、五十嵐務事務局長が要望を説明。救急医療を担う地域中核病院勤務医の負担軽減▽訪問看護ステーションの充実▽在宅医療での多職種連携の推進▽骨髄バンクドナー登録推進▽認知症ケア体制充実-などを求めた。


 知事は「4年制看護大については関係者の意見も聞き、よく勉強したい。認知症については患者数の実態把握に努め、地域全体でどうケアするのか検討したい」と述べた。


(北日本新聞 11月30日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/10 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

<介護保険>自己負担2割…自民党内にも反発や慎重論

 厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会介護保険部会は27日、一定以上所得がある人について介護保険の自己負担割合(一律1割)を2015年度から2割に引き上げることなどを盛り込んだ制度改革の意見書素案を大筋了承した。来月下旬の正式決定を受け、厚労省は来年の通常国会に介護保険法改正案として提出する意向だ。ただ、負担増への反発は強く、当初の改革案はずるずる後退した。それでもなお与党内には慎重論がくすぶる。


 給付カット策には、「自己負担2割」とともに、軽度の「要支援1、2」向けサービス(予防給付)の一部、訪問介護(買い物などのホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を市町村の事業に移す案が並ぶ。予防給付には、訪問・通所介護のほか、訪問看護やリハビリ、福祉用具貸与などがある。価格が全国一律でコスト高とされ、見直しを求められていた。


 厚労省は当初、予防給付をすべて市町村に移す案を提示、自治体に価格決定権を渡して費用を抑える考えだった。ところが利用者だけでなく肝心の市町村が「地域格差が出る」と反発し、結局、移管は訪問・通所介護にとどまった。予防給付費は全体でも4100億円(11年度)と介護総費用の5%程度に過ぎず、抑制効果は極めて限定的だ。


 介護施設入所者の食費や入居費を補助する「補足給付」の見直しもトーンダウンした。厚労省は与党に「低収入でも預貯金が夫婦で1500万円(単身者は500万円)を超す世帯」を給付対象から外す案を打診していたものの「個人の負担が大きい」と蹴られ、「夫婦で2000万円超(単身者1000万円超)」へと修正した。一定以上の不動産を持つ人を対象外とする案は、事実上の撤回を迫られた。


 制度創設時の00年度に3.6兆円だった介護費は13年度に9.4兆円となり、65歳以上の平均保険料(月額)は1.7倍の4972円に膨らんだ。今回の改革で、費用にして約1450億円、平均保険料で77円安くできるという。しかし、20日の自民党の会合では、修正後の見直し案にも「サービスを確保できるのか」「絵に描いた餅だ」といった批判が相次いだ。



(毎日新聞 11月27日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/09 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)

在宅医療に感謝

在宅医療に感謝
(主婦 59)


 昨年、姉と一緒に母をみとった。享年85歳だった。


 余命1か月の末期がんだったが、在宅医療と訪問看護サービスを利用できることになった。姉の家で1か月、母と一緒に過ごした。


 医師も看護師も訪問のたび、私たち家族の疑問に丁寧に答えてくれた。母とともに家族のこともよく見てくれていると感じた。


 「在宅でみとると決心しただけで親孝行の9割は果たしている。だから無理をしないで」。そんな医師の言葉が心に残っている。


 母を見送り、今すがすがしい気持ちでいられるのも在宅医療のプロに出会えたからだと感謝している。


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/06 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

[介護の値段]在宅(上)保険で自己負担1割

限度額超えた分 全額
通所介護の事業所「やさしい手・ゆめふる駒場店」(東京都世田谷区)で体操する高齢者たち 高齢期に自宅で介護を受ける場合、いくらかかるのだろうか。まずは介護保険の基本的な仕組みを理解して、家計のやりくりに役立てよう。





 介護保険は市区町村が運営する公的制度で、原則65歳以上の人は、費用の1割の負担で介護を受けることができる。自宅で暮らす人向けのサービスをまとめた。これらの中から必要なものを選んで組み合わせ、介護を受ける。


 各サービスの価格は原則、国が決めている。介護を行った事業所や施設には、この価格のうち9割が保険から、1割が利用者から支払われる仕組みだ。


 介護保険を使うにはまず、居住地の市区町村に申請する。審査を経て利用を認められれば、ケアマネジャーと呼ばれる専門職と相談して、具体的な介護の内容を示す計画表「ケアプラン」を作る。ただ、無制限に1割負担で介護を受けられるわけではない。


 介護の必要度ごとに、保険が適用される限度額があり、これを超えて受けた分の介護は保険適用外で10割負担となる。表2の限度額は、基準となる最も安いケース。居住地域の違いなどにより最大1割強高くなる。


 在宅介護大手「やさしい手」の協力で、最も重い「要介護5」のAさんのモデルケアプランを作成した。寝たきりで、着替えやトイレ、入浴などの介護が必要。限度額(月35万8300円)まで、ヘルパーが自宅に来る訪問介護や訪問入浴、介護用ベッドのレンタルなどを利用し、自己負担(1割)は月3万5830円だ。


 Aさんがさらに介護を受けた場合、それらは保険適用されず、全額自己負担となる。例えば、訪問介護で1日に1回20~30分未満、着替えやトイレなどの介護を受けると、月に約7万9000円が上乗せされる。


 こうした保険適用外の介護費用は、少しでも抑えたいところ。「やさしい手」では、保険外訪問サービス「おまかせさん」も用意している。食事や入浴、着替えなどの介護を行う「おまかせケアコース」は、1時間3675円~。国が決めた価格より1~2割程度安い。登録料1050円が必要だ。


定期巡回サービスも
 介護保険では昨年度から、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」というサービスが始まった。ヘルパーや看護師が、夜間も含め1日に3~6回程度、自宅を訪問し緊急時にも駆けつける。


 訪問回数にかかわらず定額制で、自己負担は要介護度により月に約7000~3万2000円。個別の訪問介護と訪問看護を組み合わせるより安くなるケースも多い。


 この定期巡回サービスは、訪問介護大手「ジャパンケアサービス」が東京、神奈川、大阪など計45事業所で展開。「やさしい手」も東京、千葉など計8事業所で実施している。だが全国的には、首都圏や大阪、愛知などの都市部を中心に、まだ計232事業所(厚生労働省、今年3月末集計)しかない。


(2013年6月4日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/05 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

医療処置、看取り 対応急ぐ

「できる範囲で」試行錯誤
 おばがグループホームから退去を求められ、病院の認知症専門病棟に転院した。今は落ち着いて過ごしているという(埼玉県内で) 利用者の重度化が進み、医療対応や看取(みと)りなども求められるようになってきた「認知症グループホーム」。


 中には、対応が難しいとして、利用者に退去を求めるホームも出てきている。家庭的な生活空間の中で医療処置はどこまで行うべきなのか。試行錯誤が続いている。


 「医療処置が必要な人は、グループホームではみられません。ほかに移ってもらえますか」


 埼玉県内に住む50歳代の女性は昨年、おばが入居していた県内のグループホームから退去を求められた。


 おばはその数か月前、急病で病院に入院し、もともと細かった食がさらに細くなった。主治医は、おなかに穴を開け、チューブで直接胃に栄養を入れる「胃ろう」をつくることを提案、女性ら親族が難色を示すと「非常識」と非難した。


 グループホームに相談すると、管理者は「胃ろうがあっても、口から食べられるなら受け入れましょう」と言ってくれ、胃ろう造設後にホームに戻った。


 しかしその後、管理者が代わると、「職員が『胃ろうの人に食べさせるのは怖い』と言っている」などと、食事介助を渋るように。女性が通って食事を食べさせたり、胃ろうから栄養を入れたりすることが続いたものの、結局、退去せざるを得なかった。おばは、女性が探した県内の病院の認知症専門病棟に転院した。


 「おばの体が元気なころは、ホームはよくみてくれていた。できれば最後までお願いしたかった」と女性は話す。


◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎



 グループホームには医師や看護師の常駐は義務付けられていない。そうした中で、医療行為は、どの程度まで行われるべきなのか。


 富士通総研が昨年、全国のグループホームを対象に行った「グループホームのあり方に関する調査」では、回答した事業所の76%が「医療連携体制」を取っていた。看護師を雇ったり、近隣の訪問看護ステーションなどと契約し、24時間、看護師と連絡が取れる体制にしていた。


 また、46%が「点滴管理」、40%が「胃ろうや経管栄養」に対応できると回答。床ずれの処置(62%)や在宅酸素療法(60%)、たんの吸引(43%)、がん末期の疼痛(とうつう)管理(39%)など、比較的多くの事業所が、幅広い医療処置に対応していた。看取りを行っている事業所も31%あり、医療処置や看取りへの対応を急ぐホームが少なくないことが浮き彫りになった。


 だが、関東を中心に、複数のグループホームを運営するある事業者は「グループホームは、認知症の人を専門的に介護する生活の場。身体的に重度な人が多くなれば、特別養護老人ホームと変わらなくなる。それは本来の役割でないのでは」と疑問を投げかける。


◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎



 神奈川県横須賀市にある「グループホームいずみ」は、1998年の開設当初から、往診してくれる開業医の協力を得て、看取りに取り組んできた。


 利用定員は、開設当初は9人だったが、現在は18人に。一般的な規模ながら、これまでにホームで看取った利用者は20人近くに上る。昨年は死亡者が特に多く、ホーム内で4人を見送った。


 しかし、いずみで行う医療処置は多くはない。胃ろうをつくった人は過去に1人だけ。それもホームに戻って数か月で口から食べられるようにした。点滴は、家族の希望で行うことが少なくないが、その場合は家族に付き添ってもらう。胃ろうや無理な点滴などをせず、自然な経過をたどれば、医療処置はそれほど必要ないという。


 管理者の小沢ミサヲさんは「医療機関でも大規模介護施設でもないグループホームは『家』と同じで、医療処置も看取りも日常のケアの延長線上にある。『できることを心をこめて行う』と決め、それで本人や家族の了解が得られれば最後までお世話させていただく、ということでよいと思う」と話している。


(2013年6月18日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/04 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

慣れた家で「訪問リハビリ」

トイレや浴室改修の助言も
 病気の後遺症などで、家での暮らしが不自由になった時に利用するとよいのが「訪問リハビリ」だ。体の機能の回復を図るだけでなく、住環境にも目配りし、自宅で快適に暮らすための手助けをしてくれる。


 東京都台東区に住む鈴木三重子さん(90)は、週1回、「在宅総合ケアセンター元浅草 たいとう診療所」の訪問リハビリを利用している。10年前、脊椎カリエスで約1年間入院し、退院時はほぼ寝たきりだった。訪問診療のほか、介護保険の訪問看護、訪問リハビリなどを受けたところ、状態が改善。6年前には、訪問リハビリを担当する理学療法士(PT)の助言で住宅を改修し、トイレや浴室が使えるようになった。


 現在は、通所と訪問のリハビリを併用する。1回約40分間の訪問では、PTの伊藤晃洋(あきひろ)さんの指導で膝を伸ばす訓練や、屋外で歩く練習などに取り組む。目標は、家の中での活動と外出を増やすこと。鈴木さんは「杖(つえ)だけで歩けるようになったら、行きたいところがいっぱいある」と話す。要介護度は、最重度の要介護5から要支援2に改善した。

◇   ◇   ◇



 訪問リハビリは、通院・通所が難しいなど、医師が必要と判断した場合に利用できる。主な内容は〈1〉手足の筋力強化などの機能訓練〈2〉起きあがりや歩行などの基本動作訓練〈3〉トイレや食事などの日常生活動作訓練――など。調理、洗濯などの家事や、屋外での歩行訓練なども行う。


 たいとう診療所リハマネジャーの大木英明さんは「退院後間もない時と、転倒や体調不良のため家で安静にしていたことで足腰が弱った時の利用が多い」と言う。病状が進んだ終末期でも、関節が固まらないようにしたり、呼吸を楽にしたりするリハビリがある。


 自己負担の目安は、1回(約40分)600円強。利用を希望する場合、退院前なら病院のソーシャルワーカー、在宅ならケアマネジャーに相談するとよい。


◇   ◇   ◇



 PTなどが少ない地域では、訪問看護ステーションの看護師が担当する場合もある。


 茨城県結城市の尾崎とくさん(96)は、4月に家で尻餅をついて腰を痛め、ふとんでずっと横になっているうちに立てなくなった。


 6月に要介護認定を受けて、介護ベッドをレンタル。医師が訪問して腰の痛みを取り、訪問看護ステーションの看護師が週1回訪問してリハビリを始めた。立ち上がりや筋力をつける訓練などを数か月行い、家族に支えてもらえばトイレに行けるようになった。


 効果が期待できる訪問リハビリだが、介護保険サービスに占める利用者割合は3%未満と少ない。大木さんは「訪問介護などが優先され、訪問リハビリは後回しになりがち。だが、早い段階から利用すれば本人ができることが増え、訪問介護などの利用を減らすこともできる」と指摘する。


◇   ◇   ◇



「再び趣味を」作業療法士が手助け
 訪問リハビリは、国家資格であるPTかOT(作業療法士)が主に担当する。PTは手足の曲げ伸ばしなど基礎的な運動機能の改善を目指し、OTは食事・排せつなどの日常的な動作や、仕事・趣味など生活に適応する能力の向上に重点を置く。


 庭いじりが好きな人が車いすになった場合、OTは車いすで庭に出る方法を考えたり、座ったままで庭いじりできる道具を準備したりする。「愛媛生活リハビリケア研究所」代表でOTの毛利雅英さんは「好きなことをやれば心と体が動き、それが訓練になる。訪問に携わるOTはPTより少ないが、OTが担当であれば自分のやりたいことを伝えてほしい」と強調する。


(2013年11月3日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/03 】 訪問看護とは | TB(0) | CM(0)

介護要支援で当初案見直し 市町村移行、対象絞り込み

 厚生労働省は12日、介護保険の見直しで、介護の必要度が低い「要支援1、2」の人向けのサービス(予防給付)を市町村事業に全面的に移すとした当初案を見直し、対象を訪問介護やデイサービスに絞り込む方針を固めた。訪問看護やリハビリテーションなどは全国一律で定めるサービスを維持する。14日に開催する社会保障審議会の介護保険部会に提示する。


 当初案に、利用者からは「今までと同じサービスを受け続けられるのか」といった不安の声が上がっていた。市町村からも「準備が間に合わない」といった懸念が示されていた。


(北海道新聞 2013年11月13日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
【 2013/12/02 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。