ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高齢者と生きがい

 生きがいを感じる毎日をお過ごしでしょうか。


 加齢にともなって、病気や障がいから、生活に不便さを感じるようになっても、心豊かに暮らす方々がたくさんいらっしゃいます。多くの出会いの中から、少しご紹介いたします。


自然の美しさに感動する心


 Aさんは、70代前半のがん末期の男性の方です。最期の時を過ごされている個室から、窓を眺めながらの会話でした。


 「動けなくなっても、外の景色をみてごらんなさい。故郷の景色を、昔のことを回想しながら、最期の準備をしています。心はとても穏やかです。他人は狭い部屋から動けず可哀想(かわいそう)に思っているでしょうが、私はこの環境はとても贅沢(ぜいたく)に思えます…」


 Aさんからは、自然への感動の心や命に対する気負いのない心構えを教わりました。


沈んだ心が華やぐとき


 Bさんは、90代後半のがん末期の女性で、自宅で家族に最期を看取(みと)られた方です。Bさんは、80歳を過ぎて転倒後は、畑や庭仕事ができなくなり、気持ちが沈んでいきました。風邪をこじらせて、さらに体力が落ち、要介護1と認定され、手指も震え、足腰も弱くなり、ため息ばかりの日々でした。


 そんなBさんの心が華やいだのは、通所介護での創作折り紙との出会いでした。当初は、リハビリの一環でしたが、次第に指に力がつき、自信がつくと、既存の折り方では飽き足らず、自身で作品を創作するようになりました。作品を観賞する人から喜ばれ、次の作品への意欲につながりました。


 自宅を訪問してくださる主治医や訪問看護師に支援してもらい、亡くなる1日前まで通所介護も利用して、穏やかに最期まで周囲の人たちとの会話を楽しみながら過ごされました。周りの方々も助けを惜しむことなく、創作活動で華やいだBさんの生き方は、周囲の人々をも元気づけてくれました。


優美な光を周囲の人たちとともに


 笑顔は、周囲の人々を幸せな気分に誘います。とくに高齢者の語りや笑顔は、若い時からのご苦労、失敗、悔しさ、怒り、悲しみなどが、今の年齢だからこそ、待つこと、諦めること、許せること、癒やし、知恵、工夫などに融和されていて、周囲の人たちをも心地よく和ませます。小さなことにも喜べる大らかな心へと導いてくれる、高齢者の笑い皺(じわ)の深さは、優美な光に包まれたかのような平安を与えてくれます。


 長島愛生園で長年、ハンセン病患者に寄り添った医師の神谷美恵子は、著書「人間をみつめて」の中で、「私たちは『何かすること』がなくても、何もすることができない病床の床にあっても、感謝して安らうことができる。私たち人間は、意識のある生命を与えられている。それを心で思い浮かべることこそ、人間の特権」と語っています。


 齢(よわい)を重ねた方々の優美な光は“人間の特権”が輝く聖火のようです。その聖火は、手渡す人の“いのち”の輝きであり、受け取る人の“生きがい”へとつながる、かけがえのない“いのち”の贈りものなのではないでしょうか。


(山陽新聞岡山医療ガイド 8月18日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/08/25 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。