ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<診療報酬>中医協が改定案答申 重症患者病床削減目指す

 厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は12日午前、2014年度の診療報酬改定案をまとめ、田村憲久厚労相あてに答申した。重症患者向け入院ベッド(7対1病床、約36万床)を導入できる病院の要件を10月から厳格化し、高報酬の同病床を15年度までに25%(9万床)程度削減することを目指す。在宅医療推進に向け、「主治医」の役割を果たす診療所などに月1万5030円(定額)の報酬を設ける。消費増税による医療機関のコスト増分を初診・再診料に上乗せするなど患者の負担増につながる項目も多い。大半を4月から実施する。


 「患者7人に看護師1人」と、最も看護師の配置が手厚く、報酬も最高の7対1病床を減らすことが最大の目的だ。10月以降、難病や重度身体障害の人が90日を超えて入院しても基本料が減額されない優遇措置を廃止。一方で回復期の患者を受け入れて在宅復帰を促す病院の入院料を増やし、7対1からの移行を促す。訪問診療やみとりの実績があるベッド数19床以下の有床診療所の入院料(14日以内)を最大900円アップし、大病院を退院する患者の受け皿づくりを進める。


 大病院への外来患者の集中を避けるため、中小病院(200床未満)や診療所を対象に外来を増やせば増収になる「地域包括診療料」(月1回、1万5030円)を新設する。複数の慢性疾患を抱える患者を主治医として継続して診察し、24時間対応することが条件。自宅療養中の患者の急変に即応できる診療所の報酬も厚くする。病院勤務医の負担軽減策として休日や深夜、時間外の手術費も引き上げる。


 このほか、最初にかかる初診料は120円増の2820円、2回目以降の再診料も30円増の720円にアップし、入院基本料も平均で2%程度上がる。14年度の診療報酬改定率は全体で0.1%増。ただし、消費増税に伴う減収補填分を除いた実質は1.26%減。


(毎日新聞 2月12日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/03/05 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。