ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳梗塞(3)「飛びます」のために (タレント坂上二郎さん)

 ゴルフ場で脳梗塞(こうそく)を起こし、救急車で運ばれた先は、一緒にプレーしていた医師が院長を務める東京のかかりつけ病院だった。50分ほどかかったが、その場で病院を探して時間を費やすより、早く、適切な治療ができると医師が判断したためだ。


 「入院2日目から数日間は、意識がもうろうとしていて、あまり覚えていないんです」


 CT検査で、脳梗塞のダメージは脳のかなり広範囲に広がっていることが分かった。もう少し広がっていたら、手術が必要な状態だった。脳の血管に詰まった血の塊を溶かすための点滴が続いた。


 「寝たきりの間も、看護師さんたちが私に話しかけ、手足を動かしてくれていたようです。最初の1週間で頭や手足を使わないと、症状が固定してしまうことが多いためで、このような適切な看護のおかげで今の私があります」


 入院1週間目から、リハビリが始まった。幸い、足には大きな影響はなかったが、左手が思うように動かない。でも、どうしても回復させなければならない理由があった。


 「『飛びます、飛びます』。これができないと、坂上二郎じゃなくなっちゃいますからね」


(2007年7月15日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/04/08 】 在宅リハビリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。