ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳梗塞(5)かっさい、一番の薬 (タレント坂上二郎さん)

 2004年5月、1か月に及ぶ舞台の記者会見で、脳梗塞(こうそく)になったことを初めて公にした。会見場はざわめき、翌日のスポーツ紙に記事が大きく載った。


 舞台では萩本欽一さんとの掛け合いが主で、せりふの多くはアドリブだった。だが、病気の影響なのか、練習を重ねても芝居の流れが頭に入らず、適切な言葉が出ない。不安が募った。


 6月、初日の舞台の袖で、緊張に身を固くした。その時、手にした扇で顔を隠して登場することを思いついた。欽ちゃんのいる舞台の中央で扇を取る。「二郎さんでございますよ。この通り元気になりました」。割れんばかりにどよめく場内。ステップして下手にはけた。


 「舞台に上がるのが、あんなに楽しいと思ったことはありませんでした」。その後のアドリブも冴(さ)え渡り、自然と体も動くようになった。


 最近は舞台などの傍ら、脳梗塞の講演を行うことも多い。


 「病気をして気づいたのは、周囲の人のありがたさですね。役者は、観客のかっさいが一番の薬になることも知りました。だから二郎さんはこれからも、飛びます、飛びます!」


(2007年7月29日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/04/10 】 在宅リハビリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。