ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケアマネジャー選び…「親身な対応」見極めて

ケアマネジャー選び…「親身な対応」見極めて


 高齢者が介護サービスを利用する際に、支援の中心的な役割を担うケアマネジャー(介護支援専門員)。高齢者や家族と話し合い、適切なサービスを組み合わせた支援計画(ケアプラン)を立てるのが主な仕事だ。どうやってケアマネを選び、付き合えばいいのだろうか。




ケアマネの仕事


 「こんにちは。お変わりありませんでしたか?」。ケアマネージャーさんは、担当する要介護2の男性宅を訪れ、笑顔で話しかけた。


 月1回の定期訪問。右半身まひなどの脳こうそくの後遺症を抱える男性に、体調や受けているサービスの様子などを丁寧に聞き取った後、「訪問リハビリの事業者が近所に出来たので、利用してみませんか」と提案。うなずく男性に「利用限度額を超えないよう、ケアプランを調整してみますね」と説明した。


 「サービスを受けた結果、高齢者のできることが増えたり、生活に潤いができたりする姿を見るとうれしい」という。





事業所の選び方 


「要介護」と認定された高齢者は、ケアマネが所属する居宅介護支援事業所にプラン作成を依頼することになる。認定を受ける前からケアマネに相談し、市町村への認定申請の代行を依頼するケースも少なくない。


 どうやって、事業所を選べばいいのだろうか。市町村の窓口でもらえる事業所の一覧表や、介護サービス情報公表支援センターのホームページなどの情報をもとに、いくつかの事業所をピックアップすればいい。


 その際、
〈1〉家に近い事業所は、何かあった時に心強い
〈2〉病気などで医療ニーズが高い場合は、医療の知識に精通した資格を持つ人がいい
――といった点を考慮する。


 また、24時間、お年寄りからの連絡に対応できる体制などを整えた場合に適用される「特定事業所加算」を受けているかどうかも一つの判断材料となる。


 あとは実際に電話して、話しやすいところ、親切な応対をしてくれるところを選ぶ。
事業所に足を運ぶと、より雰囲気が分かります。


 なお要支援者のケアプラン作成は地域包括支援センターとの契約となり、基本的に事業所を選ぶことはできない。




プランづくり


 ケアマネはお年寄りの自宅に来て、本人や家族から心身の状況、生活上の問題点などを聞き、ケアプランを作成する。もし納得できない内容の場合はどうするか。


 「担当のケアマネに希望を伝えて話し合い、それでも納得できなければ、事業所に説明してケアマネを代えてもらったり、事業所自体を変えたりすればいい。利用者はケアマネを選べることを知っておいてほしい」と日本介護支援専門員協会(東京)会長の木村隆次さん。ただ、お年寄りや家族の要望をすべて取り入れるのが、いいケアマネではないという認識も必要だ。


 「経済的な状況や、家族内の問題も、支援を考える上で重要な情報になる。こみいった事情も伝え、本音で付き合える関係を築いてほしい」




--良いケアマネジャーを見極める方法--


〈1〉話をじっくり聞いてくれるか
〈2〉体調が変化した時や困ったことがあった時、臨機応変に対応してくれるか
〈3〉介護保険外のサービスにも詳しいか
(日本介護支援専門員協会の話をもとに作成)


(2010年5月21日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/04/16 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。