ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自宅で入浴 諦めない③

③入り方の工夫で


 浴槽に入る動作を楽にする方法として、浴槽の脇にいすを置き、座りながら入る方法を勧める。


 いすに座るとお尻に体重がかかり、足が動かしやすくなる。この姿勢で片足ずつ湯に入れていく。介助が必要な人の場合、後ろに倒れないように介助者が背中を支えるのがポイントだ。


 いすと浴槽は同じ高さにそろえ、床からの高さは40センチが理想。高過ぎる場合、すのこで調整する。「入浴に不安を感じた段階で、この方法に慣れておけば、安心して入浴が続けられる」と話す。


 浴槽から出る時は、片方の手をできるだけ伸ばして浴槽の縁をつかみ、つかんだ手と同じ側の足を体の方に引いて頭を前に出すと、浮力でお尻が浮く。この時、必要であれば介助を受けて浴槽の脇のいすに座り、片方ずつ足を出していく。



介護保険が使える浴室の住宅改修の例


・手すりの取り付け
・床のかさ上げ
・滑りにくい床材への変更
・引き戸、折り戸への変更
◎要支援以上なら20万円(自己負担1割)まで利用できる。


(2012年12月3日 読売新聞)




ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/04/22 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。