ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

住み替えを考える際のポイントは

急激な高齢化が進む一方、子ども世帯との同居が減り、高齢者の一人暮らしや夫婦だけの世帯が増えている。このため、介護が必要になった時に備え、高齢者向け住宅などへの住み替えを検討する人が少なくない。


 NPO法人「シニアライフ情報センター」代表理事の池田敏史子さんは、「まずは、自宅で住み続けられるのか、住み替えたほうがいいのか考えましょう」とアドバイスする。


 以下の条件がそろうなら、自宅に住み続けることが可能だ。
〈1〉段差が少ない、耐震性があるなど自宅が安全
〈2〉認知症ではなく、判断力がある
〈3〉自己管理ができる
〈4〉家族や知人の支えが期待できる
〈5〉医療や介護の在宅サービスが地域内にある。


 逆に、早めに住み替えたほうがいい人は、これらの条件が整っていないほか、孤独感が強い人や子どもがいない人、持病がある人、新しい環境への適応が遅い人――などだという。


 最近は、様々な高齢者向け住宅が登場し、「住み替えが必要なのか」と迷う人が多い。そのメリットとデメリットを冷静に見極めたい。



◆高齢者の住まいの相談・情報入手先など
◇NPO法人「シニアライフ情報センター」(http://www.senior-life.org/、(電)03・5350・8491)
◇株式会社「タムラ企画」入居相談センター(http://takikaku.co.jp/soudan.html、(電)03・3292・1107)
◇冊子「あんしん なっとく 高齢者向け住宅の選び方」(東京都福祉保健局のホームページ http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/koho/sumai_sasshi.html)


(2014年4月16日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/05/12 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。