ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最期の時共有

埼玉県幸手市 主婦


 脳梗塞で話せず、栄養は管で摂取し、体の自由もない状態で退院した母の介護をした。初めてであり、手探りの毎日。不安ばかりだった。


 お互いに少しずつ慣れ、生活にリズムが作れるようになった。「母さん、今日はね……」で一日が始まり、「一緒に頑張ろうよ」と声をかけると、唯一反応がある母の優しい目がほころんだ。


 在宅介護専門の医師や看護師ら、多くの人の力を借りた介護は1年1か月で終わり、母は91歳で亡くなった。


 娘として、これでよかったのか、迷いが消えることはない。でも、母の最期の時を共有できたことに、うれしさを感じている。


(2014年4月6日 読売新聞)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/05/19 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。