ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来年から入院時の食費負担が倍増か どうなる日本の医療



 入院時に患者が支払う食費を1食当たり260円から460円に引き上げるという案を厚生労働省が提案し、7日に社会保障審議会の医療保険部会で話し合われた。公費で賄う医療保険の給付を抑えるための施策で、導入は来年度からを検討されている。


 入院時の病院食は保険の対象となり、食事療養費として給付された分を差し引いた金額を患者が支払うというシステムだ。もともとの1食あたりの食費は640円。一般入院患者はこのうち260円を自己負担し、残りの380円が公的負担となる。公的負担額は平均的な家庭の食費に合わせる形で、厚生労働大臣が定める基準値に添って算出されている。住民税非課税世帯の自己負担は210円で、このうち入院日数が1年間で90日を越えている場合には160円となる。住民税非課税世帯の70才以上の人にはさらに自己負担が抑えられ、1食100円となっている。


 食事療養費は年間で約4,800億円にのぼっており、国としてはかさむ一方の医療費の公的負担額を少しでも削りたい考えだ。今回提案されている1食460円というのは、認知症などの慢性的な病にかかっている65歳以上の長期療養入院患者らが負担している食費に合わせている。2006年から70歳以上の人を対象に、療養病床に入院する患者の食費を調理費分も上乗せして算出するようになり、1食あたり460円の自己負担となっている。08年からは対象者を65歳まで引き下げて行っている。ただし低所得者や指定の難病にかかっている人、脊椎損傷などの患者には負担軽減措置をとっておりこの限りではない。


 厚生労働省は在宅医療を受けている患者は食費を全額自己負担しているとして、不公平をなくすためにも、一般の入院患者に負担を求めている。療養病床の入院患者と同様に調理費分を食費に上乗せし、1食460円としたいとの意向だ。入院時の食費負担を引きあげることで在宅医療の普及につなげたいとの意図もあるようだが、患者側の負担が増すばかりでは安心して医療を受けることができない社会になってしまうのではないだろうか。


(エコノミックニュース 7月24日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/08/07 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(1)
有難うございました!
もう我慢できないのでここで告白します。
今までは生きてることが辛いだけの人生でした。
そんなとき、ある場所を知ったんです。
連絡しただけで、本当にお金をもらえてしまったんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
【 2014/08/09 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。