ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山形で看護学会の集会、在宅介護に理解深める 

 日本看護学会の学術集会が2日、山形市の山形テルサを会場に2日間の日程で始まった。全国の看護師や保健師、助産師ら約千人が参加、講演やシンポジウムを通し、多職種で連携した在宅看護の在り方や課題などについて理解を深めた。


 2025年には団塊の世代が75歳以上になるなど高齢化社会は今後一層進むと見込まれており、在宅医療・在宅看護の重要性が増している。初日は県看護協会の川村良子会長を座長に、嘉山孝正山形大学長特別補佐が「在宅医療の未来」と題して講演。嘉山氏は「質の高い在宅医療・看護を実現するためには人材育成と地域連携が重要になる」と指摘した上で、医療、看護などの多職種連携を目指して同大医学部や県医師会、県看護協会などが昨年度に開設した「在宅医療・在宅看護教育センター」の取り組みを紹介した。


 医師や認知症患者の支援団体関係者らによるシンポジウムも開かれ、医療と看護、介護の協働による在宅ケアの在り方を展望した。3日は訪問看護の役割や口腔(こうくう)ケアなどをテーマにした講演、技術交流会を予定している。


(山形新聞 10月3日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/10/28 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。