ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

看護師が大活躍のオランダとイギリスに学ぶ 日本の訪問介護と認知症ケアの行方③



 こうした流れに抗して「全人的ケア」を目指して立ち上がったのがビュートゾルフだった。大規模化に反して、最大12人の独立した看護師・リハビリ職チームが40~50人の地域住民を担当する小規模運営を採りいれた。「利用者に寄り添う」気持ちで、各チームがそれぞれ計画を作成し、実施するのでモチベーションが高まる。当然、責任も負う。チームにはリーダーは置かずフラットな編成なのも特色だ。毎週のように利用者についての会議を開き情報共有を欠かさない。互いの意思疎通も早い。


 規模が小さいだけに、きめ細かいサービスができる。小回りが効くので訪問先での緊急事態にも応援を頼みやすい。利用者が増えればチームを増やしていく。


 ビュートゾルフが持つ、他の在宅事業者にはないもう一つの「武器」はICTの積極活用である。全職員がパソコンを持ち、本部との意思疎通がたやすい。看護師チームには、保険料の申告や労働契約、給与など総務、人事業務の負担が一切ない。看護業務に専念できる。管理業務はすべて本部の担当だ。その本部職員も45人ほどと極めて少数である。ICTを活用することで間接費を大幅に削減している。


 これまで看護師と記してきたが実は正確ではない。オランダでは、看護職と介護職が一体の職種である。従って、正確には「看護・介護師」となる。その中が5段階に分けられており、身体介護をするヘルパーが第1レベル、日本の介護福祉士が第3レベル、医療行為をほぼ専業とするのが第5レベルといった区分だ。


 訪問先の要介護者の自宅で、シャワー介助や調理、それに褥瘡の手当てなどを1人の看護・介護職が行うこともあり得る。日本では医療行為であるか否かで看護師と介護職の業務が完全に分かれてしまう。だが、完結型なので利用者からするととても利用しやすい。


 チームは単独では活動しない。地域内の家庭医をはじめ、栄養士、薬剤師、リハビリテーション職、行政などと常に連携をとりながら、訪問先の高齢者の情報を収集する。こうした機動力もビュートゾルフの特色で、かつて地域看護師が担っていたことである。その土台を成すのが住民に密着し、患者の代理人でもある家庭医であり、住民相互の助け合い精神に基づくマントルケアであろう。


 ビュートゾルフは「家庭医やマントルケアと利用者間の動脈であるだけでなく、社会と利用者の間の重要な潤滑油である」(後藤さんの著書『認知症の人が安楽死する国』より)とまで評価されている。別名「少数地元協力隊」と後藤さんは名付ける。


 そのイノベーション(革新)活動が認められて、2011年にはベスト企業家(最優秀雇用者賞)に選ばれた。国外からも評価され、ベルギーやスウェーデン、米国などにも進出を始めた。


(ダイヤモンド・オンライン 11月26日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程
 : ホームヘルパー2級
スポンサーサイト
【 2014/12/09 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。