ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

看護師が大活躍のオランダとイギリスに学ぶ 日本の訪問介護と認知症ケアの行方⑤



● アドミラルナースの影響拡大で 入院・施設入居が激減、国費削減に


 その活動方法がなかなかユニークだ。


 アドミラルナースを必要とする家族や団体から要請が来ると、デメンシアUKから1~4人の資格者を派遣する。活動期間は原則1年だが、更新が継続することも多い。


 受け入れた団体や家族が活動に対する対価を支払う。受けいれを希望している団体は約90。ホスピスやナーシングホーム(特養)、家庭医などがあるが、半分近くと最も多いのはメモリークリニックと聞いて、「おやっ」と思った。メモリークリニックは、家庭医が認知症ケアを頼んでくるセカンドステージの医療機関。英国では、すべての住民は近くの複数の家庭医がいる診療所と契約を結んで受診する。診療所がファーストステージになり、95%の病気や傷害の治療が行われる。日本のようにどこの医療機関にも受診できるフリーアクセスではない。


 メモリークリニックは、診療所では対応できない認知症ケアを引き受ける専門機関だ。それなのに、アドミラルナースの支援を必要としている。アドミラルナースの知識や技術への評価が高いことが裏付けられているようだ。

 
 9月に訪問したロンドン郊外のサットン地区の介護者支援団体「サットン・ケアラーズ・センター」で、「私たちが行政に働きかけてアドミラルナースを呼んだ」という話を聞いた。しかも、「その活動費を行政から引き出した」と誇らしげな口調だった。


 ロンドン各地でアドミラルナースの活動が知れ渡っているようだ。


 「アドミラルナースが入ることで、施設や病院への入院、入所が著しく減少し、国の経費削減に相当貢献している」とウェザーヘッドさんは胸を張る。


 続けて「3人のナースが16の家族に対し支援活動を10ヵ月続けて、50万ポンド(約7000万円)の削減につながった」と数字を挙げて念を押す。


 「入院患者の45%は認知症を患い、その中で15~20%しか本当に入院が必要な人はいない」。自宅や施設で周りの人が対応できなくなるから入院に追い込まれるという。それを防ぐのも大きな使命だという。


 入院から在宅医療への転換は世界的な潮流である。欧米の病院は在院日数が5~7日に急減してきた。日本はまだ16~17日と長い。病院への依存度が先進諸国の中で唯一、異常に高い。それは、在宅医療への不安があるからだ。その不安を解消するには、取り組む在宅事業所が広がらねばならない。訪問看護がその重要な役割を担っている。


(ダイヤモンド・オンライン 11月26日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程
 : ホームヘルパー2級
スポンサーサイト
【 2014/12/15 】 訪問看護コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。