ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

訪問看護、土日利用や24時間連絡体制を



 東京都福祉保健局が実施した訪問看護に関するインターネット調査で、自身や家族が利用した経験を持つ人の過半数が、土日に利用できることや、24時間つながる連絡体制を求めていることが分かった。


 同局は9月に調査し、都内に在住もしくは在勤の18歳以上の205人から有効回答を得た。それによると、自身や家族、友人などが訪問看護を利用した経験がないと答えたのは65.4%。9.8%が利用中、24.9%が利用したことがあると答えた。


 利用経験のない人を除いた71人に、実際に受けたサービス(主なもの3つまで)を聞くと、「血圧測定などの健康状態の観察と助言」(70.4%)が圧倒的に多く、以下は「服薬の指導・管理」(39.4%)、「食生活や排泄などの日常生活の看護」(28.2%)、「床ずれ・けがの処置」(22.5%)などと続いた。


 利用して満足した点(3つまで)を尋ねると、「病人の状況が変化したときに医師に話をつないでくれた」が47.9%で最も多く、以下は「病気や薬のことなど、医療的な説明をしてくれた」(45.1%)、「注射や浣腸など医療的な処置をしてくれた」(33.8%)、「ケアマネジャーや訪問介護など、他の福祉サービスに連絡をとってくれた」(31.0%)などの順だった。


 一方、訪問看護に今後望むこと(3つまで)を聞くと、「土曜日、日曜日も訪問してほしい」(57.7%)と「24時間の連絡体制をとってほしい」(52.1%)が半数を超えた。以下は、「訪問する回数を増やしてほしい」(45.1%)、「夜間帯も訪問してほしい」(29.6%)、「1回の訪問で滞在する時間を長くしてほしい」「訪問看護の援助技術の質を上げてほしい」(共に25.4%)などの順だった。


 利用した経験のない人も含め、訪問看護の利用を考えたときに必要な情報を複数回答で尋ねると、過半数が「身近な訪問看護サービス事業所の情報」(62.9%)、「サービスの利用方法」(60.0%)、「どの事業所を選んだらよいか分からなかったときの相談機関」(51.7%)と答えた。


〔医療介護CBニュース 10月18日〕


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/10/28 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。