ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽度者介護予防サービス 市町村へ全面移行見送り 厚労省新案

 厚生労働省は14日、症状が比較的軽い人向けの介護予防サービスを市町村事業に全面移行する方針を改め、訪問介護(ホームヘルプサービス)や通所介護(デイサービス)に限って移行させるという案を社会保障審議会介護保険部会に示した。


 移行に伴う事務負担増に難色を示す市町村が多いことや、サービスの低下を懸念する声に配慮した。


 厚労省の新たな案によると、介護の必要度が低い「要支援1、2」の要支援者(約150万人)向けのサービスのうち、訪問・通所介護や生活支援を、平成27~29年度に市町村へ移行し、サービスの内容や価格を市町村が決めるようにする。市町村が地域の実情に応じて事業内容を工夫することでコスト削減を狙う。


 訪問看護やリハビリテーションなど他のサービスは、より専門的な技能が求められることから、引き続き全国一律の基準で介護事業者が行う。


 厚労省はまた、現行では一律1割としている介護保険の自己負担を高所得者に限り2割に引き上げた場合、年710億~750億円の給付費が削減できるとの試算を示した。試算を踏まえ、同部会で年内にも引き上げのプランが固まる。


(産経新聞 11月15日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/11/27 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。