ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛情たっぷりロールパン 羽曳野に専門店 夫婦でゼロからスタート 大阪

 ■素材にこだわり 常時9種類


 羽曳野市南恵我之荘の住宅地に今春誕生した関西では珍しいロールパン専門店「ケイラズブレッド」が、近所の人たちを中心に人気を集めている。牟田卓伺(むた・たくじ)さん(40)、敦子さん(32)夫妻がパンの食べ歩きなどをして研究し、自宅の一室を改装して開いた店。「どんな心のときもちょっとハッピーになれるものを」とロールパンづくりに励んでいる。


 住宅地に静かに構える同店。目立つ看板もなく、店舗面積も約10平方メートルとこぢんまりしているが、外まで焼きたてのパンの香りが漂ってくる。


 店を開いたのは、看護師だった敦子さんが訪問看護先で「朝はパンとコーヒーが早くていい」とお年寄りらが話しているのを聞き、「すぐに食べられるパンはないか」と考えたのがきっかけ。夫婦でパン店めぐりをする中でロールパンに着目した。


 敦子さんが平成20年に長男の恭英瑠(けいら)ちゃん(5)出産後、パン教室に通い、パン講師とパンコーディネーターの資格を取得。大阪市職員だった卓伺さんも仕事を辞めて材料の配合を研究するなど、夫婦で力を合わせて開店準備を進めてきた。


 オープンは今年4月。店名は恭英瑠ちゃんの名前からとった。商品のパンはもちもちした食感で後にバター風味が残るのが特徴。保存料や鶏卵を使わず、豆乳、バター、練乳は北海道産、砂糖と塩は沖縄産など素材にもこだわった。


 当初はプレーンのみだったが、次第に種類を増やして現在は常時9種類をそろえる。イチジクやパンプキンなど旬の素材を使ったものも登場。「ママ友の手土産などに最適」と好評だ。


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2013/12/25 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。