ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チームでかかわる意義と必要性

チームでかかわる意義と必要性


家庭で生活している中で「あれ?いつもと様子が違う」「もの忘れがひどい」等というご家族様からの相談が多くなっていませんか?


居宅・施設を問わず、また高齢者だけに限らず在宅での認知症ケアの必要な方がいることが、最近になってやっと表に出る様になってきました。
ケアの実践には専門家のスキルが求められいかに認知症を理解し共感できるかが問われています。
ケアに入る前までの日常生活を継続する為のサポートをするには多職種がそれぞれの立場に立ってそれぞれの役割を果たすという「チームでかかわる意義と必要性」について考えていかなくてはならなくなってきています。
そこで少しずつ私が知り得た情報をお伝えしたいと思います。


(ケアーズ新聞11月号より)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/01/14 】 ケアーズの特徴 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。