ケアーズ訪問看護リハビリステーションブログ

ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪が充実した毎日を全力でサポートいたします
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<診療報酬>回復期病床手厚く 中医協、改定骨子案を了承

 厚生労働省は15日、4月から実施する2014年度の診療報酬改定の骨子案を厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)に示し、大筋で了承を得た。医療費削減に向け、費用がかさむ重症患者向けの入院ベッド(病床)数を減らす一方、症状が回復しつつある入院患者の受け入れ体制を整備することや「在宅医療」の充実を促すことが柱。骨子案を踏まえ、厚労省は今後各項目の報酬単価(公定価格)を決めていく。


 14年度改定の焦点は、患者7人に看護師1人を配置する最も手厚い看護体制「7対1病床」(約36万床)を多く抱える病院を減らしていくことだ。難病や重度の身体障害を持つ患者を長期入院(90日超)させても収入が減らない優遇措置を廃止するなどし、看護体制が緩やかな「回復期」にある患者向けの病院に移行することを促す。このため、回復期の患者向け病院の報酬を手厚くする。


 全体的に入院患者を減らし、在宅医療を促進するため、症状が急変した在宅の患者を速やかに入院させることができる病院や、24時間体制で重症患者を受け入れている「訪問看護ステーション」の報酬を増やす。同時に、患者の「主治医」の役割を果たしている地域の中小病院や診療所にも報酬を配分する。また、がん患者への精神的なケアや抗がん剤の副作用管理も新たに評価の対象とする。認知症患者に対し、短期・集中的なリハビリをした場合の報酬も新設する。


 このほか、業者が医療機関に有料で患者を紹介するケースが増えていることを踏まえ、医療機関がお金を払って患者の紹介を受けることを禁止する。


<2014年度診療報酬改定に向けた骨子案の主な内容>

・重症者向けの入院病床の要件厳格化

・回復期の入院病床への報酬を上積み

・在宅医療を受ける患者急変時に対応できる病院を評価

・がん患者に対する精神的なケアや抗がん剤の副作用管理に新たな報酬を設ける

・短期・集中的な認知症リハビリへの新たな報酬を設ける

・一定期間後も後発医薬品に切り替わる割合が低い新薬の価格をさらに引き下げる

・医療機関がお金を払って患者紹介を受けることを禁止


(毎日新聞 1月15日)


ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪
 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
ウインディーグループ
 : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
松阪 看護師の求人NAVI
 : 看護師・介護士求人情報
託児所ピーカーブー
 : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト
【 2014/01/21 】 訪問看護ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。